ROLEX ロレックス オイスター パーペチュアル 116000 ロレックス スーパーコピー
null
null ドラゴ・ブラーのたてがみに座《すわ》る半裸《はんら》の姿が輝《かがや》いていたのは、確かなのだ。  もし、まともなまま、ガロウ・ランにいじり廻《まわ》されたら、ああはなっていないだろうと思う。 『あれで幸せなのかも知れない……』 『いや! あれは、美井奈じゃない! 他人の空似《そらに》だ。獰猛《どうもう》といわれるドラゴ・ブラーを操《あやつ》っていたんだ。まともなガロウ・ランでなければ、できないはずだ』  周囲は次第に薄暗くなって、外から差し込む光が、薄く斜《なな》めに筋を引いた。  海藻《うみも》のこすれ合う音が、静かになっていた。 『本隊どうしの激突《げきとつ》が始まった頃《ころ》だな……』  ジョクは、筋となって差し込む上空の光の網《あみ》を見上げ、 『戦争でなければ、研究したい光景だな』  全く別のことを思った。ジョクが、飛行機以外に興味を持つのは、初めてのことだろう。 「フッ!……フフフ……!」  ミィは、頬《ほお》をふくらまして笑った。  無意識のうちに、ジョクを感じているのだ。  しかし、彼女には、なぜ嬉《うれ》しいのか分らない。 「来たね……!」  ブスーゥゥ!  ドラゴ・ブラーが、鼻を鳴らした。