ダミエファセット
null
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON カードケース ケース 白系 クレーム ダミエ・ファセット N63163 [中古]
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON カードケース ケース 白系 クレーム ダミエ・ファセット N63163 [中古] 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ダミエファセット ポルトカルトサーンプル カードケース N63164【中古】
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ダミエファセット ポルトカルトサーンプル カードケース N63164【中古】 
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ダミエ・ファセット スピーディ・キューブPM バッグ クレーム(オフホワイト) M48903 [中古]
__null00
(ルイヴィトン)LOUIS VUITTON ダミエ・ファセット スピーディ・キューブPM バッグ クレーム(オフホワイト) M48903 [中古] 
LOUIS VUITTON (ルイヴィトン) スピーディ キューブ MM ダミエファセット M48905 【並行輸入品】
__269,50000
LOUIS VUITTON (ルイヴィトン) スピーディ キューブ MM ダミエファセット M48905 【並行輸入品】 
null もやい綱《づな》がきちんとむすばれているかたしかめて、ユザンは船から陸にのぼった。とうに真夜中《まよなか》をすぎている。明日|出発《しゅっぱつ》となれば、そろそろ仲間《なかま》たちの酒《さけ》をきりあげさせねばならない。  なじみの酒場《さかば》の戸《と》をあけると、もわっとカザル(煙草《たばこ》)の煙《けむり》が顔をつつんだ。  天井《てんじょう》からぶらさがっている六つのあかり皿《ざら》が、ゆらゆらゆれて、あたりいちめんに影《かげ》がおどり、男たちの酔《よ》いをふかめていた。  ユザンは、ぐるっと酒場をみまわして、自分の船の船乗《ふなの》りたちをみつけると、ひとりずつ腰《こし》をあげて船にかえるよう、肩《かた》をたたいてまわった。  弟のラゴは、酒場《さかば》のすみにいた。小柄《こがら》な商人《しょうにん》ふうのヨゴ人の男とオラック(絵札《えふだ》をつかう賭博《とばく》)をしている。明るい茶色《ちゃいろ》の瞳《ひとみ》が、きらきらかがやいているところをみると、ずいぶん勝《か》っているようだ。酒《さけ》を、水を飲《の》むようにぐいぐい飲みながら絵札を机《つくえ》にうちつけている。 「おい。……そろそろ腰《こし》をあげろや。明日《あす》は夜明《よあけ》けに出港《しゅっこう》するぞ。」  声をかけると、ラゴはちらっと顔をあげて笑《わら》った。 「ちょっとまってくれ。いま、いいところなんだ。――すぐすむ。」  たしかに、いい手だった。ユザンがみまもるうちに、ラゴは、ヨゴ人の商人《しょうにん》から銀貨《ぎんか》を二|枚《まい》もまきあげてしまった。  くすんだ顔色の中年《ちゅうねん》のヨゴ人は、ため息《いき》をついて、こった肩《かた》をほぐすようにまわした。 「まいった。今夜《こんや》のあんたには、トトラ(運《うん》をよぶという星《ほし》)がついているらしい。」  ラゴは笑《わら》った。 「今夜だけじゃねぇよ。おれにはうまれたときから、トトラがついているのさ。そんじゃ、約束《やくそく》どおり、これももらうぜ。」  ラゴは酒《さけ》の壷《つぼ》をもちあげてみせた。ヨゴ人は、顎《あご》で、もっていけ、というしぐさをした。 「兄貴《あにき》、みろや。アラクだぜ。金があっても、なかなか手にはいらないだろうよ、この銘酒《めいしゅ》は。寝酒《ねざけ》にやろうや。」  ユザンは、ほほえんだ。アラクは好《す》きな酒だった。弟のいうとおり、なかなか手にはいらない酒だ。明日《あす》の出発《しゅっぱつ》を祝《しゅく》して、寝酒に一杯《いっぱい》やるのもわるくない。  船にもどると、仲間《なかま》たちはみな酒《さけ》のにおいをただよわせながら、自分の寝棚《ねだな》におさまっていた。