收藏

ルイヴィトンアルマbbモノグラム編集

ルイヴィトン ルイ・ヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON バッグ VUITTON ヴィトン モノグラム トートバッグ アルマBB メンズ レディ...
__158,00000
ルイヴィトン ルイ・ヴィトン ヴィトン LOUIS VUITTON バッグ VUITTON ヴィトン モノグラム トートバッグ アルマBB メンズ レディ... 
 アディリシアの顔に、苦痛と驚愕《きょうがく》が浮《う》かんだ。  ——勘違《かんちが》いしていたのだ。  いつきもアディリシアも、この汚泥に知性などないと思っていた。人間としての知恵《ちえ》や知識などかなぐりすてた、凶獣《きょうじゅう》のようなものだと思っていた。  違ったのだ。  魔法使《まほうつか》いとしての秘儀《ひぎ》を、魔法を、すべてそれ[#「それ」に傍点]は覚えていた。  そして、少女が除《すき》を見せる瞬間を《しゅんかん》待っていたのだ。  なんという、狡猾《こうかつ》さ。 「お父……様……」 「サア・オ前ノ魔神・ヲ・喰《く》ラワセテ・オクレ」  ゆっくりと、汚泥《おでい》が——汚泥でできた老人《オズワルド》が、アディリシアヘと近づく。  いつきなど眼中にもなかった。  ただ視《み》えるだけの——魔法使いでもない少年になど、この場でできることは何もない。  実際に、そうなのだ。  魔法は、理不尽《りふじん》をかなえる神秘なんかじゃない。異界に属しているだけの、結局は弱肉強食でしかない、ヒエラルキーに則《のっと》ったシステム。  老人の指から、ぽとぽとと腐汁《ふじゅう》が垂れる。  狼に押し倒されたアディリシアの唇《くちびる》へ、その腐汁が——  ——垂れる直前、ぐい、と引っ張られた。
表示ラベル: