割引ルイヴィトンヴェルニ財布コピー,ダミエアズール,ルイヴィトンヴェルニ財布コピーランキング ルイヴィトンヴェルニ財布コピーメーカー_網 outlet!


2015-01-23 20:33    ルイヴィトンヴェルニ財布コピー
 兵吾はどうしても訊かずにはおれなかった。 �……その呼び方はするな、って言ったはずよ。それに、もう違う[#「もう違う」に傍点]わ�  もう、という言葉に、既に取り返しがつくものではない、という冷徹さを感じて兵吾は身体の感覚もないのに、ぞくり、ときた。 (……な、なんでそんなことになったんだ?) �表面的な理由だけを言えば、私が手首を切ったからでしょうね�  あっさりと言われたので、一瞬意味が把握できない。 (……え?)  あうあう、と呻《うめ》くような意味のない思考を経た後、やっと兵吾は質問できた。 (——じ、自殺したのか?) �そうよ。成功しなかったけどね� (な……なんで? なんかあったのかよ?) �そっちが納得しやすいような意味では、理由はないわ�  少女の気配は突き放したように告げた。 (……理由がない、って——たとえばいじめられていた、とか。親ともめていた、とか……失恋とか)  兵吾は言いながらも、なんか意味のないことを言っている、そんな気がしていた。  こいつは少なくとも、絶対真空で虚空牙と戦えるだけの精神力を持っている存在なのだ。いま彼が挙げたような理由で、おめおめと死ぬとは思えない。いやそれを言うならば、他の、自殺する人間というのは、ほんとうにそういう世間的にわかりやすい理由で死んでいるのだろうか?  兵吾にはわからなかった。  リーパクレキスの……�元�景瀬観叉子の微笑むような感触が伝わってきた。