グッチ長財布メンズ
null
(グッチ)GUCCI 長財布 368379 BGHIN 1087 財布 二つ折り BICROMO SELLERIA/セレリア ツートーン レザー ブラック×イエロー [並行輸入品]
__72,36000
(グッチ)GUCCI 長財布 368379 BGHIN 1087 財布 二つ折り BICROMO SELLERIA/セレリア ツートーン レザー ブラック×イエロー [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 291099 BMJ1G 1000 財布 二つ折りフラップ DICE/ダイス GG柄レザー マイクログッチシマ ブラック [並行輸入品]
__62,64000
(グッチ)GUCCI 長財布 291099 BMJ1G 1000 財布 二つ折りフラップ DICE/ダイス GG柄レザー マイクログッチシマ ブラック [並行輸入品] 
(グッチ) Gucci IMPRIME 2面開き長財布 ブラック 【並行輸入品】
__53,78400
(グッチ) Gucci IMPRIME 2面開き長財布 ブラック 【並行輸入品】 
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品]
__58,01000
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 352352 CAO0N 1000 財布 二つ折り DOLLAR CALF/ドーラーカーフ メタルタグ レザー ブラック [並行輸入品]
__66,15000
(グッチ)GUCCI 長財布 352352 CAO0N 1000 財布 二つ折り DOLLAR CALF/ドーラーカーフ メタルタグ レザー ブラック [並行輸入品] 
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1217 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー グレー [並行輸入品]
__69,66000
(グッチ)GUCCI 長財布 322121 A7M0N 1217 財布 二つ折り MEN'S SOHO/メンズソーホー レザー グレー [並行輸入品] 
null「おれ、ゆうべ、えらいことやってしもうてなア……」 「わかってる、わかってる」  実際、私はその年の正月、或る若い作家とツマらぬことから立ち廻りを演じ、やはり翌日、ミジメな心持を遠藤に慰められたことがあるから、真実、彼のヤルセない気持には同情出来たのである。——何がナサけないといって、酔ったまぎれに仕出かしたことを酔いざめの朝に憶《おも》い出すほどイヤなことはないが、それでも自分が一人でやったことなら自分が忘れてしまいさえすればカタがつく。だが、喧嘩となると相手があるから忘れてくれと言ったって、向うが忘れてくれるものとは限らないし、自分の一番恥ずかしい部分をすっかりサラけ出したようなつらさは、いつまでもつづく。 (それにしても遠藤よ、アホウさ加減はおまえも、おれと変りないな。いいとしをして、�学生作家�の大江に何を言われたからって、何もそんなにハッスルすることはないじゃないか。それで、あげくの果ては自分の方がすっかりションボリしちまってさ……)  私は、こころひそかにツブやいて、遠藤の心境をあわれんだ。私にも遠藤と同じくヘンなときに、ヘンにハッスルしてむかっ腹を立てることがあり、もし私がその場に居合せたら、私自身が大江と取っ組み合って、いまごろは遠藤の嘆きを私が嘆いていたかもしれない。そうならないですんだのは指を怪我したおかげだが、じつはこの指の怪我というのも、つまらぬことから女房と言い争っているうちに、私は無闇《むやみ》と腹が立ち女房の鼻先にドアを叩《たた》きつけるようにぴしゃりと閉めるつもりで、力いっぱい取っ手をひっぱったところ、勢いあまってガーンと自分の拇指《おやゆび》をはさんでしまったのだ。指の骨が折れやしないかと医者が心配したほどだから、かなり痛い目にあったわけだが、それでも遠藤みたいなことになるよりはマシだ。そう思うと私はホウタイをぐるぐる巻きつけて、肩先から吊《つる》した自分の指を、いくらか祝福したいような気分になった。  遠藤を一と通り慰めてから、私は一人で大勢の人たちのいる方へ歩いた。するとB誌の編集長のT氏が、私のホウタイの指に目をとめて、 「お、名誉の負傷」  と言った。私は一瞬、戸惑ったままボンヤリしていると、T氏は、 「いや、聞きしにマサるものですなア」  と言う。私は、自分の夫婦喧嘩のことなどどうしてT氏が知っているのかと驚いた。だがT氏は言葉をつづけて、さらに私をガク然とさせた。 「だいぶ派手に大江氏とやったという話はきいてましたが、まさかこんなにスゴイとは思わなかった」  と、T氏は両手のコブシをかためて拳闘のマネをしてみせた。……話が何処《どこ》でどう食い違ったのか、遠藤と私とがスリ替って、昨夜の乱闘は大江と私との間に行われたことになっているのである。  私が最初に「落第生の宿命」といったのは、つまりこういうことなのだ。遠藤がツマらぬことでカクトウを演じ、もの笑いになるのも、落第生的宿命だが、自分が何の関《かか》わりもないことに汚名を着せられる私は、それ以上に落第の宿命に取り憑《つ》かれていると言わなければならない。世の中のあらゆるミットモナイこと、醜態なことは、みんなこの私に似つかわしいのであり、何もせずジッとしているときでも、�失態�の事故はひとりでに私のところへ勝手にやってくるとしか考えられないではないか。  そこで話は遠藤のダメニシアンの犬に戻ろう——。男性化粧品の広告にも使われるようなダルメシアン種の犬を、遠藤が飼いはじめると、とたんに寝小便小僧の布団みたいにミスボラしげになってしまうということは、いかにもわれわれの生れついての宿命を、そのまま暗示しているかの如《ごと》くではないか。  この話を近藤啓太郎にすると、近藤は、 「そりゃ、おめえの言うようなことあるかもしれねえが、遠藤のところのダメニシアンは最初からダメだから、ダメなだけだよ。その証拠におめえのところの紀州犬は、おめえに似合わずシッカリしてるだろう」  と、私の宿命論を一笑に付し、