★ルイヴィトン◆モノグラムマルチカラー◆クラウディア ハンドバッグ ショルダーバッグ ブロン◆M40193◆ヴィトンのバック
null
null 先ず浅野茂勲を呼んで、最後の決意を告げる。愕いた浅野は辻将曹に命じて後藤を説得する。後藤は大事の去ったことを知った。  ——岩倉に主君を刺させるようなことは断じてさせない。万一の場合は自分が岩倉を斬る。だが、宮廷を囲んでいるのは薩摩兵だ、西郷の命令一下、主君も自分も惨殺されるだろう。主君を死なせてはならぬ。  後藤は、容堂に説いた。  ——今日の処は一歩譲って、他日の挽回を図られるよう、われわれはいわば敵の重囲の中におります。  容堂も、それは認めざるを得ない。  やがて会議が再開され、岩倉が列席者の協力を要請すると、もはや反対する者もなく、  ——慶喜に辞官・納地を命ずること、  を可決した。  午前二時を過ぎた頃である。  クーデターは成功した。  岩倉と大久保の、気力と弁口に拮抗《きつこう》し得る者がいなかったのだ。奇略縦横の坂本龍馬が生きていて後藤に知恵を貸していたならば、事ここに至る前に、土佐藩として何か手が打てたかも知れぬ。だがその龍馬は十一月十五日、凶漢に襲われて若い命を終えていた。  十二月十日夕刻、西宮に待機していた長州軍が家老毛利内匠に率いられて入京、堂々と市中を行進して、東山の東福寺に入った。  薩摩藩では兵粮の炊出しをやってこれをねぎらう。  長州びいきの多い京都市民は、愕きながらも悦ぶものが多かった。  この日の午前、松平慶永と徳川慶勝は前日の朝議の結果を伝えるため、二条城に慶喜を訪ねたが、城内には旗本及び会桑両藩の兵が充満し、  ——王政復古の大号令は薩摩の陰謀だ、直ちに薩摩を討って君側の奸をのぞけ、  と、興奮し切っている。  慶永をみて、公然と、