買ってlouis vuittonルイヴィトンモノグラムヴェルニドットインフィニティジッピーウォレット長財布ジョーヌm91571のオフィシャルサイト_ルイヴィトンベルフラワーpm_louis vuittonルイヴィトンモノグラムヴェルニドットインフィニティジッピーウォレット長財布ジョーヌm91571推薦_louis vuittonルイヴィトンモノグラムヴェルニドットインフィニティジッピーウォレット長財布ジョーヌm91571製品合格か outlet!


2015-01-23 22:43    louis vuittonルイヴィトンモノグラムヴェルニドットインフィニティジッピーウォレット長財布ジョーヌm91571
「いえ、結構。私は支那の焼餅《シヨウピン》というのを持っています。パンのようなものですよ。一つ菓子器を持ってきて下さいな」 「そりゃ、よかった。実はさん、今家にお米はないとじゃん。麦と大豆ばっかりで」  私は菓子器に、焼餅と飴玉《あめだま》を盛りあげた。一つリツ子の口に入れてやる。 「まあ、おいしか——。お母さん、支那の飴よ。一ついただかん?」 「ほんなこと、甘さ——」  とリツ子の母も頬ばった。私は思いがけず土産の焼餅で腹をふくらますと、やっぱり風呂にだけは無性に入りたくなった。 「沸《わか》しましょうか、お母さん。私がお風呂を?」 「いえね、誰も入りませんから、もう何ケ月も放ってあって、汚くて、大変ですよ。すぐそこの銭湯にいらっしゃいません。済みませんけど」  とリツ子が困って答えている。私は肯《うなず》いて立上った。一二丁離れた銭湯の湯気に、むせかえるのである。浴室の客の会話は、何かじめじめとよごれて、暗かった。今先迄の旅が、まるで蜃気楼《しんきろう》のように崩れてゆく——。  警戒警報のようだった。ボーッと長く警笛が浴室のガラスをふるわした。私は急いで上っていって、家の方に走るのである。  蒲団はリツ子と並べて敷かれていた。 「警報が面倒だから、失礼させていただきます」  私はそう云ったが、母ももう寝巻に着換えているようだった。  灯りを消して、しばらくじっと黙りこむのである。淋しいが、しかしかけがえない幸福にたどりつけたと、側《かたわ》らのリツ子の息遣いをじっと聞く。空襲警報がつづいてはげしく断続した。しばらく警防団の怒声がわめいて過ぎる。後はシンと鎮まるふうだった。 「待ちながかったろう?」 「はい。でもお帰り迄に起きられなかったら、死のうと思っていましたのに」 「馬鹿。結核なぞというのは、神経衰弱と一緒だぞ」 「でも、太郎が……」