ルイヴィトンlouis vuitton財布長財布さいふサイフvuittonヴィトンモノグラムアンプラントポルトフォイユスクレットロン卸売 ルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマ_ルイヴィトンlouis vuitton財布長財布さいふサイフvuittonヴィトンモノグラムアンプラントポルトフォイユスクレットロン旗艦店 ルイヴィトンlouis vuitton財布長財布さいふサイフvuittonヴィトンモノグラムアンプラントポルトフォイユスクレットロンのブランドの割引の旗艦店 outlet!


2015-01-23 22:42    ルイヴィトンlouis vuitton財布長財布さいふサイフvuittonヴィトンモノグラムアンプラントポルトフォイユスクレットロン
「俺も久衛さんと同じ考えなんだ」 「つまり、あの女《ひと》を信じるのね」 「うん、信じる。だってそうだろう。こっちに落度がない……」  邦彦はそう言い、少し考えてから続けた。 「落度って言い方はよそうよ。落度があれば出て行っても当然だってことになってしまうもの。夫婦というのはそんなもんじゃないと思ってる。落度がある、ない、というのは他人同士の言い草さ。夫婦が世間に対して落度があることはあり得るだろうけど、夫婦の間では失敗があるだけだ。女房の落度は亭主の責任でもあるわけだし、その逆も同じことだ。仮りに亭主が浮気をして、それで夫婦の間に泣いたり喚《わめ》いたりのひと幕があったとしても、それを失敗として、なんとか納めて行くのが夫婦ってもんだろう」  房子は微笑した。 「判ったわ。落度という言葉はもう使わないわよ」 「瑤子はきちんとした女だ」 「母さんもそう思っていた」  房子は頷いたが、瑤子の失踪《しつそう》についてのわだかまりがあって、全面的に邦彦の言葉を肯定したようではなかった。 「判ってやって欲しいんだよ」  邦彦はそういう房子を少しでも納得させたくて、強い口調で言った。 「あの瑤子が今度のような行動を取ったことには、余程の事情があったと思うんだ」 「でもねえ、連絡くらいして来たっていいと思うよ。今どこにいるか、その余程の事情ということで言えないにしたってさ、元気でいるからとか、もう少し待ってくれとか、それくらいのことは妻としてお前に言って来るべきだよ。……優《やさ》しそうなんだけど、芯《しん》は情のこわい女《ひと》なんだねえ」 「判らない」  邦彦は茶碗をテーブルの上へ置くと、両手で頭をかかえた。母親だからこそして見せられる姿勢であった。 「私はね」  房子はゆっくりと言った。