オンライン買ってlouis vuittonルイヴィトンダミエ,ルイヴィトンスピーディーバンドリエール25|モールlouis vuittonルイヴィトンダミエ旗艦店 どうやって買うlouis vuittonルイヴィトンダミエ outlet!


2015-01-23 22:12    louis vuittonルイヴィトンダミエ
 山をくだった新城は一休みした。幅は広いが浅い川の向うに針葉樹の原生林があり、三キロほどの幅の原生林を突っ切ったとしたら、また山に突き当たる。  一度休むと、もう立上る気力は無くなった。新城はM十六を雑木林のなかに置き、|這《は》って川に近づいた。  |清《せい》|冽《れつ》な水に、熱っぽい手や顔を突っこむ。水筒に水を満たしてから流れから直接に水を少しずつ飲む。どんな名酒よりもうまかった。  そのとき新城は、再びヘリの爆音を聞いた。新城はあわてて、M十六自動カービンを置いた雑木林のなかに這い登った。  ヘリは一機ではなく、少なくとも五機が来襲したのが音で分かった。それらのヘリは、さっき新城に撃墜されたヘリの|残《ざん》|骸《がい》が散らばっている山の六合目から八合目にかけての草原の上に集まって旋回しはじめた。  M十六を|掴《つか》んだ新城は木々の夏葉や夏草が茂った雑木林のなかで、ブナの巨木に向けて這っていく。四方に枝を張ったその巨木の下なら、空から発見される怖れはゼロに近いだろう。  目ざしたブナの巨木に這い寄って草を|掻《か》き分けた新城は、歓喜の叫びが思わず口からほとばしりそうになるほどの発見をした。  地面から盛りあがってたくましく張った根っ子の下に、暗い穴の入口があるのだ。根っ子には、ヒグマの毛がからんでいた。  ヒグマが冬眠に使った巣にちがいない。|這《は》って近づかなかったら気付かないところであった。  M十六の銃床で穴の入口をひろげた新城は、バック・パックを背中から降ろして、穴のなかにもぐりこんだ。  地下にあるその巣には、まだかすかにヒグマの|匂《にお》いが残っているとはいえ、一畳半ぐらいの広さ一面に枯草が分厚く敷きつめられていて、なかなか居心地がいい。  新城はバック・パックをその巣に引入れた。巣の高さは一メーター半ほどで、楽に|坐《すわ》ることが出来る。  どうせこの桜田の領地から脱出できても、県道や国道には非常線が張られているにちがいないから、新城は傷が直るまでここにひそむことにする。  バック・パックから、スタッフ・バッグに詰めたスリーピング・バッグを外して、それを|枕《まくら》にした。  バック・パックから取出した粉末ビーフと抗生物質を水筒の水で飲んだ新城は枕に頭をつけて横になる。  そのとき、数機のヘリが雑木林を盲射ちしたり、爆弾を無差別投下したりする騒音が聞こえてきた。爆発の地響きも伝わる。新城は体を起こした。  だが、冬山で木が乾いていたら山火事がひろがるだろうが、水分をたっぷり含んだ今の草木は、爆発の直撃をくらったあたりしか燃えなかった。  パニックにおちいったエゾシカの群れが川に向けて駆けくだっていく音も聞こえた。