ルイヴィトンダミエアンフィニ長財布
null
ルイヴィトン Louis Vuitton 長財布 メンズ ジッピーウォレット・ヴェルティカル ダミエ・アンフィニ コスモス N63549 【並行輸入品】
__156,30000
ルイヴィトン Louis Vuitton 長財布 メンズ ジッピーウォレット・ヴェルティカル ダミエ・アンフィニ コスモス N63549 【並行輸入品】 
ルイヴィトン LOUIS VUITTON 財布 長財布 メンズ ダミエアンフィニ ポルトフォイユ・ブラザ コスモス N63119
__114,80000
ルイヴィトン LOUIS VUITTON 財布 長財布 メンズ ダミエアンフィニ ポルトフォイユ・ブラザ コスモス N63119 
null「どうして偽名なんか使うんだろう」 「テレパスだからよ」 「ひゃあ」  ガンちゃんはやっと納得が行ったように、ハンドルを握って奇声をあげた。 「春子さん……いや、瑤子さんはテレパシーが使えるんですか」 「そうよ」  伸子が答える。 「超能力者だな、それじゃ」 「それも、とび切り強い超能力を持っているのよ、この人は」 「伸子さん」  瑤子はとがめるように言った。 「かまわないわよ。こう見えてもガンちゃんは口が堅いんだから。人に言ってはいけないことは、絶対に言わない人なのよ。ねえガンちゃん」 「秘密なら守りますよ。でも、本当にテレパシーが使えるなら、一度見せてもらえませんか。俺《おれ》、UFOだの超能力だのって、まだ一度も見たことがないんですよ」  瑤子は笑った。 「いいわよ」  瑤子はガンちゃんの心を探《さぐ》りかけたが、すぐにハッとしてやめた。 「どうしたの」  伸子が気配を察して訊く。