louis vuittonダミエグラフィット旗艦店,ルイヴィトンアズールネヴァーフル,louis vuittonダミエグラフィットの十大ブランド louis vuittonダミエグラフィットランキング outlet!


2015-01-23 22:02    louis vuittonダミエグラフィット
 かつての将門の領地である筑波山麓の湿地帯には、附子が多く繁茂していた。この根から採れる猛毒を、矢や山刀に塗りこんで狩りをするのは古くからのアイヌの風習だった。  俘囚として坂東の地に流された彼らアイヌの民を、将門は決して冷遇せず、むしろ積極的に彼らの技術を学んだ。そして夜叉にこの護り刀を残したのだ。  附子の毒は人の神経の働きを麻痺させ、やがて呼吸麻痺で窒息死に至らしめる。 「く……」  苦しげに胸を押さえたまま、黒備えの兵は夜叉へと近寄ってきた。  自らの死が近いことを知って、執念で夜叉を道連れにしようとしているのだ。それがわかっていても夜叉は立ち上がることができなかった。半身が苦痛で麻痺したように動かない。  夜叉は短刀を構えたが、力無く突き出されたその尖先を、兵は易々と避けて夜叉の右腕ごと蹴り飛ばした。  夜叉の手を離れた短刀は、木立の向こう側の暗闇へと吸いこまれていく。  無防備になった夜叉の右手を、兵が乱暴に踏みつけた。そのまま渾身の力で踏みにじる。 「あああっ……」  骨が砕けていく鈍い苦痛に、夜叉はたまらず悲鳴をあげた。  その声を兵は満足げに笑って聞いていた。  醜く歪んだその顔に、背後からするりと巻きついたものがあった。粗末な肩衣を着た太い腕だ。兵が異変に気づいて振り向くよりも早く、その腕が彼の首を圧倒的な力で絞め上げた。  鈍く、嫌な音が鳴った。  頸骨を異様な方向に曲げて絶命した兵を、太い腕の主は無造作に投げ捨てた。 「……白那恰?」  夜叉はかすれた声でその男の名を呼んだ。  全身を血で濡らした傷だらけの巨漢が、息を弾ませて立っていた。厚い胸板にはいくつもの傷が刻まれ、射抜かれた左腕がだらりと垂れ下がっている。脚も引きずっているようだった。

最新情報

ランキング