ルイヴィトンヴェルニジッピーウォレット
null
null 二人とも予定はなかったようで、快諾《かいだく》してくれた。ムッツリーニはきっとキッチンで大活躍だろうし、秀吉は言うまでもないだろう。 「そうと決まれば、早速今日の帰りに面接に行こうよ。募集が終わっちゃっても困るし」 「そうだな。そうすっか」 「了解じゃ」 「…………(コクリ)」  そんなわけで僕ら四人は学校帰りに件《くだん》の喫茶店に寄り、その場で面接を受けて全員採用ということになった。  [#中央揃え]☆ 「ああ……。よく来てくれたね……。今日一日|宜《よろ》しく頼むよ……」 「は、はい。宜しくお願いします」  そしてアルバイトの土曜日。開店一時間前に集合した僕ら四人を、店長は今にも倒れそうなほどの弱々しい姿で迎えてくれた。 (ねぇ。この店長さん、本当に大丈夫なのかな?) (むぅ……。何かきっかけがあればスグにでも富士の樹海に向かいそうなほどに弱っておるのう) 「雄二! それはあくまで戸籍上《こせきじょう》の話だよ!」 『待つのじゃ明久! 事実でもワシは男じゃぞ!?』  やっぱり雄二は現実の認識が甘い。書類上の表記を鵜呑《うの》みにするなんて! 『あー、わかったわかった。着替えが終わったら話を聞いてやるから、今は落ち着け二人とも』