收藏

ヴィトン ダミエ グラフィット編集

[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品]
__97,80000
[ルイヴィトン]LOUIS VUITTON ダミエ グラフィット ジッピーウオレット・ヴェルティカル N63095 [並行輸入品] 
Louis Vuitton ルイヴィトン 長財布 ラウンドファスナー ダミエ グラフィット ジッピー・ウォレット ヴェルティカル N63095 【並行輸入品】
__124,50000
Louis Vuitton ルイヴィトン 長財布 ラウンドファスナー ダミエ グラフィット ジッピー・ウォレット ヴェルティカル N63095 【並行輸入品】 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピーウォレット・ヴェルティカル 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63095 [中古]
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピーウォレット・ヴェルティカル 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63095 [中古] 
[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピー・オーガナイザー 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63077 [並行輸入品]
__101,52000
[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピー・オーガナイザー 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63077 [並行輸入品] 
[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピーウォレット・ヴェルティカル ラウンド長財布 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63095 [中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン] LOUIS VUITTON ジッピーウォレット・ヴェルティカル ラウンド長財布 長財布 ダミエ・グラフィット ダミエ・グラフィット N63095 [中古] 
「そうスか。伊豆は晴れてたの」 「うん。ピーカンさ」 「よかったスね。こっちはお昼すぎから曇っちゃった。向うが降ってれば俺早く帰れたのに」 「こいつ……」  伊丹は若い男の額を指で押す。 「じゃ、毎度……」  男は入って来た時と同じように威勢よく駆け降りて行った。すぐに単車が|唸《うな》り、派手な音を残して帰って行く。  伊丹はしばらく落ちつかない様子で煙草に火をつけたり窓の下の通りを眺めたりしていたが、思い直して手と顔を洗う。襟を拭きながらふと電話を眺め、近寄って手をのばしかけ、またその手をひっこめた。祥子に連絡しようと思ったが、まだ着いていない筈だと気づいたからだ。  タオルを|抛《ほう》り投げ、吸いさしの煙草をくわえる。椅子に腰をおろすとデスクの一番下の|抽《ひき》|斗《だし》からビロードの布切れを出して靴についた西伊豆の土を落す。くわえ煙草のけむりに眼を細め、その横顔が|精《せい》|悍《かん》で渋い。焦茶のスラックスに薄茶のセーター。丈の長いコール天のラフな上着を着ている。  ビルの前で車のホーンが二度続けて鳴った。伊丹はピクンと立ちあがり、急いで灯りを消すとドアの錠をして階段を降りる。外へ出ると東日本交通のハイヤーが停っていて、その窓から隅田賢也が顔をのぞかせていた。伊丹が反対側へ廻って車のドアをあけたとき、オペルがその|脇《わき》を通り抜けて行った。 「何だお前……」  車に乗るや否や、伊丹は烈しい口調で文句を言った。車はすぐに走り出す。 「そういきり立つな」  隅田は落ちついた声で言う。伊丹はおや、という風にうす暗い車の中で隅田を眺めた。 「何か感じが変ったな、お前……」 「そうか。どう変った」 「……貫禄がついてる。一体何をやっているんだ。夏木建設はどうしたんだ」 「夏木……やめたよ」
表示ラベル: