ビトン草間弥生

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null 東京は変貌しつつある。〔虚空回廊〕を開くためでもあるが、もはや以前のように維持していく必要性がなくなっている。ヨ・メセタ・プケも強化し、MUとの融合率を高めつつある。東京が東京でなくなる日も近いだろう。  ひさしぶりに家に帰る。綾人と暮らすための容れ物にすぎないものを家と呼ぶのもみょうだが、十七年間の習慣とはおそろしいものだ。そう呼ぶことになんら違和感を感じない。 「ただいま」  応えるものがいないとわかっていながら、そういって玄関を開ける。  しばらくぶりの家というのは、空気がねじれている。閉めきっていたせいもあるだろうが、自分の家の臭いが強烈に感じられる。枯れてしまった玄関の鉢植えがかさついた匂いをただよわせ、廊下もうっすらとホコリがつもっている。もはや維持する必要もない家だ。いや、必要はある。なぜなら、綾人はもどってくるからだ。ここへ。わたしと暮らした時間を取りもどしに。  二階の綾人の部屋にあがる。  とたんに男の子の部屋特有の、ベルベットの肌ざわりに似た若い動物的な匂いがしてくる。  主のいなくなった部屋は、むなしく時をすごしている。よどんだ時間が流れている。  壁のアイドルのポスター。参考書がだしっぱなしの机。起きたときのままに毛布が丸められているベッド。たしか十三歳の誕生日に買ってやったステレオ。記録メディアの棚。参考書やマンガのならんだ本棚。すべてがあの日、綾人がいなくなったときのままだ。  そして、イーゼルにかかった一枚の絵。  崖に立つ少女のうしろ姿。そのむこうにある奇妙な心象風景に、成長への恐怖を嗅ぎとる。おそらくは無意識での恐怖だろう。ふとむかしのことを思い出して、笑みがこぼれた。  ちょうど十七のころ、似たような風景の夢を見ていた。毎日のように見ていた。  絵が描けなかったわたしが描いた心の絵だ。そして、絵筆を握れる綾人はわたしの夢と同じような絵を描いている。やはり親子だわ。  あのころ、わたしはごく普通に生きていた。すべてが変わったのは十七になったからだ。  綾人にとっても十七ですべてが変わる。なにもかも変わる。  もはや、親子でもいられなくなるだろう。それでもかまわない。それが運命なのだ。あの日、わたしが目ざめてしまったためにはじまった、世界の運命なのだ。  それにしても雑然とした部屋だわ。せめて毛布ぐらいととのえておいてやろうと手にしたとたん、ふわりと立ちのぼる綾人の匂いに胸をしめつけられる。  十七年。
    2015-01-23 23:57
    ŗ 評論 0
発祥地|ビトン草間弥生
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ビトン草間弥生|ルイヴィトン財布モノグラムジッピーウォレット,何を買ってビトン草間弥生ブランドがいい_ビトン草間弥生どっちがいい outlet!