louis vuittonルイヴィトンモノグラムハンド&ショルダーバッグですか|ルイヴィトン ブレアmm|モールlouis vuittonルイヴィトンモノグラムハンド&ショルダーバッグ,louis vuittonルイヴィトンモノグラムハンド&ショルダーバッグブランド推薦 outlet!


2015-01-24 00:24    louis vuittonルイヴィトンモノグラムハンド&ショルダーバッグ
 二級酒、と言っても、どうやら水を割ってある気配で、その水っぽい酒が、とびきり辛い肴《さかな》によくあった。二人とも、あっという間に三杯目のジョッキをつかんでいた。 「ユリ粥も食ってみなければいかんな」  塩谷は辛焼を噛みながら言った。 「あのユリでしょうか」  佐伯が小声で言う。 「まさか」  塩谷はありえない、といったように首を横に振った。辛焼も肉豆腐も、ほぼおわりかけていた。三杯目のジョッキも、三分の一くらいに減っている。  何組かがその間に帰り、何組かの新しい客が来ていた。  ちょうど佐伯が残りの酒を呷《あお》ろうと、ジョッキの厚いふちを唇にあてて目をあげたとき、いちばん奥まった所にいた二人の客が立ちあがった。一人はごく普通の背恰好だが、もう一人はいやに背が高かった。  佐伯はそのままのポーズで二人をみつめた。背の高いほうは、奥の壁に背を這わせるようにして、客のうしろをすり抜けて出口に向かっている。 「何か注文するか」  塩谷が隣で言っていた。佐伯は答えずに残りの酒を飲みほした。  二人は出口のところにあるオープン・キッチンの前へ行くと、立ちどまって勘定を払いはじめた。顔馴染みらしく、背の高いほうが、オープン・キッチンの梁《はり》に右手をかけ、コックに何か言って笑わせた。キッチンの中の強い照明で、その姿が逆光ぎみになり、うすぐらいシルエットになっている。  勘定は低いほうが払っているらしい。ふり向いて高いほうに、ひとことふたこと何か言った。 「え、どうする」  塩谷がまた言った。 「あの男……」