ヤヨイクサマパンプキンドット財布

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null 彼は彼の奇怪な動物の頭の毛を二三度撫《な》でて見たが、指さきに触れた耳は熱い鉄のように硬くなり、そのへりの方は鋭い激怒の情に変っていることを感じた。彼は此の動物の太いぶきっちょうな脚のさきに、深い毛を冠《かぶ》った鍋のような固まりのなかから、鼠色の半透明をした百合《ゆ り》の芽のような五本の爪がしらが、確《しつ》かりと漆喰《しつくい》の上に突ッ立てられているのを見付けた。鋼鉄、ハガネ、電力をもった打撲の闘将、一秒間に一尺の皮を剥《は》ぐ生きている巨大なる機械、——  ゴリの挑戦的な連続する唸りごえが再び豹の引綱の下から、低く底ぢからを含んで発せられた。 「こいつはもう準備しているんだ。こいつを怒らせると困るから静かに行ってください。こいつは三日ぐらい斯《こ》うして対手を見ないでいる気の永いやつです。」  豹は気味悪げにその動物を見て、ゴリに唸るんではないと命令した。ゴリは凡《あら》ゆる気勢の上で最《も》う闘いを挑む気持になっていた。彼は時間的に恐ろしい習慣的な宿命を感じていたのだ。闘犬の柵《さく》と土俵とにブチ込まれた、止みがたない、ドウにでもなれという自暴《や け》な気持にいつの間にか変貌していた。ゴリの最も恐怖しているものはやはりふさふさした脚のさきにある、得体の分らない図々しい爪を隠す真黒な手の塊だった。あれがどう来るのか分らない。あの脚にハイッて行けば万が一行けないことはないと思われた。アノ脚を噛《か》み砕いて死守するよりほかに一切の戦術と奇襲との効果が絶無であることが、柵と土俵に永い間噛み合うたゴリの経験から推察された。牛の骨を噛み慣らしているゴリのキバ、豹の精神的な表現である一つの野性、象牙《ぞうげ》色のキバの歯齦《はぐき》から毒を含んだ新しい唾液《だえき》を沁み出すブルドッグ特有の注射液、——ともかくもゴリは戦闘とその場面を考えていた。しかし豹は珍らしく彼に中止を命じたのだ。ゴリは並々ならぬ強敵であることを中止命令の下で再び事新しく感じ出したが、もうウナリ声を立てることをしなかった。ただ、ゴリは静かにその動物が今まで格闘した何者よりもドッシリした、表《うわ》べはおだやかそうに見える素晴らしい粗暴さを、その変に烈しい嗅覚《きゆうかく》のなかに籠《こも》らしていることを感じた。  豹はゴリを先に歩かせ、午前十一時の日光のみなぎった温泉げむりの籠った道路を、トラピスト修道院の近くにある、闘犬場に向うた。町角あたりから同じい闘犬を引いたH市から来た仲間の姿が見え、烈しい犬族同士のウナリ声が起った。豹は身ぶるいしながら一日も血を見ずにいられない、素晴らしいゴリの呼吸を朝日のなかに白々と見て、一層快適な気持になった。  闘犬場は葉を落しかけた木立を前にした、とある百姓家の前庭に八角型の低い木柵を繞《めぐ》らし、柵のなかはズックの敷物がしかれてあった。豹は落葉の日だまりにそれぞれ飼犬をつないだ顔馴染《なじ》みの連中が先着しているのを見た。それぞれの犬はゴリの姿を見ると唸りかかるのや吠《ほ》え猛《たけ》るのや、繋いだ立木を揺ぶって飛び掛ろうとするのや、足掻《あが》いて枯草や泥土を蹶散《けち》らすのや、殺気と緊張とが皆の頭に行き亘《わた》った。  豹はいつもそうするようにゴリの頭を軽く叩いて見せて、シッカリせよという意味を愛撫によって示した。そして得意らしい快活な笑い顔をして立木のかげに、ゴリを繋いだ。なるべく闘犬同士の顔を避けるような自然な作法と用意とが必要だったのだ。天気はよく気勢はどの犬にも素晴らしい元気を見せていた。その日豹はゴリにつけて遣《や》る約束をした、若いブル・テリヤを持った裁判所の判事の妻君がもうH市から来ていることに気がついた。判事の夫人は道ばたにホテルの女中と連れ立っていたが、豹の顔を見ると親しそうに眼と口を半開きにして挨拶をした。此処《こ こ》では判事の夫人も豹とは親密な上に親密でなければならなかった。彼女は近くの飼犬にいじめられ通しの自分の飼犬を哀れむよりも、口惜《く や》しさの方が先に立ってつけて貰いに来たのだ。そのために豹につけることを頼んだのだ。豹はその夫人がゴリを運動させに歩いている途中で行き会うと、定ってわざわざ遣って来て、飼い方、馴らし方または闘犬場に一度つれて行ってくれとせがむのだ。そのせがみ方は親しい甘えた口調でそういうのが常だ。大抵の女は強い人間に向う時はみなそういう傾向をおびて来る。——それは特別に偉大な人物とか名誉ある人格者に対するときは自然に誰でも機嫌を損じない畏敬《いけい》を交えた程度の注意を払うものであるが、彼女の豹に対する態度や言葉つきの中にも、なれなれしい以上にどこか甘えて見るような、いくらかぞんざい過ぎるほどに言葉を取乱して親しげに話すのが例だった。彼女はH市の知識階級の中でも美人ではあり、しっくりしたハイカラな夫人だった。彼女のハイカラさは彼女のよく纏《まとま》った姿勢によくうつっているのだ。豹はせがまれる度に何時もこういう返事をしていた。「あなたなんぞおいでになるところではございません、アラクレ男ばかりなんです。」夫人は単にそれだけではどうしても承知をしない。是非一緒に行って見せてくれというのだ。そこで豹は或日夫人のおどおどした中に勝気と好奇心とにみちた、どこか眇《すがめ》にみえるような美しい目をみいりながら、では、こんど連れて行ってあげましょう、そうでなければ場所と時日とを知らしてあげましょうと約束をした。豹の神経には闘犬の賭《か》ケを見破られる不安があったのだ。しかし此の夫人がそれを夫の判事に密告するようなことは無かろう。  判事の夫人は何時もよりずっと臆々とした、落着きのないそわそわした歩き振りで、豹のそばに来ると、豹よりも先にゴリに向うてお愛想をいい、頭をなでるのだった。 「ゴリ、お前は負けはしないわね。」  豹は夫人と町であう時よりも、此の枯木立と雑草の間で見る夫人の方がずっと勝《すぐ》れて美しいものに見えた。 「若《も》し噛みころされたりなんかしたら、どうなるの、そんなことも無いことはないでしょう。」 「口輪を嵌《は》めるから心配はいりません。」  豹はゴリに嵌める口輪を用意していた。素人《しろうと》犬をつける時は対手を噛まないための用意だった。夫人は豹の手から金網づくりの口輪を受け取ると、感謝の表情が露骨にあらわれてナミダぐんで見せた。豹は心よげに口輪を用意して来たことを自分ながら周到に思うた。 「番組前だから先にやったらどうだ。」  百姓家の主人は柵の向うで、髭《ひげ》と垢《あか》と日焼けのした脂《あぶら》くさい顔を明るい日光のなかに突き出した。湯ノ川一帯の闘犬土俵の持主である彼の顔は、惨忍すぎて厳格にさえ見える表情をしていた。「ではやらして貰おう。」豹は夫人に首輪を柵の中へはいる前に取り除くように言うた。そしてあとはおれがいいようにするから待っていてくれとぞんざいに言ったが、判事夫人は只ならぬ殺気めいた昂奮《こうふん》状態に早くも取り憑《つ》かれ、猛ける自分の犬をおさえる為《ため》に一生懸命だった。 「おくさん、こちらに持って来てください。」  豹は夫人から犬を引き奪《と》るようにすると、手早く用意してあった手拭に水を含めて、ブル・テリヤの口のなかを一杯に拭き上げ、耳の下や喉《のど》もとに水で濡れる程度にしめした。豹の手の下でブル・テリヤは赤ン坊犬のように手や足を自由に取り扱われていても、抵抗するような気はいは見せなかった。豹はスッカリ用意をしてしまうとそれを夫人の方へ子猫でもあやすように背後から一ト突きに押し遣《や》った。夫人は豹によく聞えない程の声で何やら感嘆したが、彼女は豹に媚《こ》びなければならぬ気持をも感じた。 「うまいわね。」夫人は豹に対《むか》うのに素直な十七八の娘に似た、変にポカンとした顔つきにさえなっていたのだ。
    2015-01-24 01:16
    ŗ 評論 0
発祥地|ヤヨイクサマパンプキンドット財布
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ヤヨイクサマパンプキンドット財布公式サイトは規格品か|ルイヴィトンネヴァーフルpm_ヤヨイクサマパンプキンドット財布アフター,ヤヨイクサマパンプキンドット財布適合年齢 outlet!