セレブ愛用 ルイヴィトン コピー モノグラム スピーディ35 ハンドバッグ ダークブラウン M41524
null
null 夜、日航の招待で、八時すぎ海辺のレストランヘ行く。ヨットが暗い海に一杯もやっていた。  そこは海のすぐわきの大きな店で、八時すぎというのにまだ席はガラガラであった。しかし、注文をするのには、道ひとつをへだててその店のあんがい小さな本店へ行って、エビ、魚、貝などを品定めして決める。タコもあった。私はタコはイタリア人くらいしか食べぬと思っていたのだが。これは茹でてオリーブ油をかけて食べる。  元の広い屋根もない場所に戻って待っていると、やがて次々と料理が本店から持ってこられる。アサリとハマグリの合の子みたいな貝。まだ生きていて、レモンをかけるとピクッと動く。ちなみに、日本では今はレモンは安いのに、薄切りにしたものしか持ってこない店が大部分だ。外国では半分に切ったものがたっぷりつく。  カキもむろんとったが、フランスのものよりはまずい。小さなイワシの油であげたもの、こいつが素敵にうまい。レモン汁とよく合う。ホタルイカの空揚げは一人に一皿ずつきた。これもうまく、阿川さんむさぼり食うも、いささかとりすぎた。  白ワインは地酒をとったが、軽い辛口で貝類によくあう。およそ千二百円ほどと聞いた。とにかく日本では外国の葡萄酒は高すぎる。ロブスターも半身に作ったものがとどけられた。  そうして食べているうちに、九時半頃になると、席がようやくほとんどふさがってきた。 「フォト、フォト」  と言う写真屋が来る。「幽霊」氏は英国で阿川さんの運転する車のナヴィゲーターの役をやったわけだが、難解な市中では地図と首っぴきしているくせに何も言わず、やっとハイウェイに出ると、 「このまま、まっすぐ」  と言ったことは紹介した。  しかし「幽霊」氏はカメラに強く、私たちの写真から風景から撮ってくれたが、その技術はなかなかのものであった。それゆえ、私たちは、「フォト、フォト」と呼びかける写真屋には用はなかった。  花売りのお婆さんも来る。光るヨーヨー売りもくる。愉しく、かつおいしい店で、支店長の亀井さんに訊くと、「カナリス」というレストランだとのこと。  この亀井さんが商売柄もあって、最近の日本の事柄にくわしい。知っている人は知っているように、私はキチガイじみた阪神ファンである。そのためシーズン中は仕事量が減ってしまう。巨人阪神戦のときなど、夕食前からソワソワしていて、まずラジオをつけ、テレビが始まるとそれを観《み》、テレビが終るとまたラジオに切りかえる。その間、マジナイ、ジンクスのため、ヨガのポーズをとったり、茶を飲むかと思うと相手のチャンスには飲まなかったり、煙草もこれと同様。かつ、「それ、遠井、老いぼれてもおまえは男だ。かつての四番打者だ。ここで一本打って男となれ! 頼む、遠井。滅多にない代打なんだぞ。バカ! あんな球を見送りやがって。ああ、ああ、……やっぱりダメだったか」などと、転がったり、わめいたり、怒鳴ったりする。そのため、試合が終った頃には心身の労苦のためクタクタだ。これでは仕事なんぞできっこない。  旅の間も、ずっとタイガースの成績が気になっていた。しかし、マドリッドの大使館でも、ましてチュニスの大使館でも日本の新聞は来るがかなり遅れるので、正直の話、ヤキモキしていた。  しかし、支店長の話では、今、巨人と阪神のゲーム差四・五とのこと。まだ希望があると思う。亀井さんは相撲のこともくわしい。何でも知っている。カキの話になると、彼はシドニーでは一年じゅう食べられると言った。  阿川さんは彼とペキン—ヨーロッパ航路のことを熱心に話していた。亀井さんの語るには、ペキン—ウィーンとなる予定とのこと。そうなれば、またヨーロッパヘ早く行けることになる。  ゆっくりと愉しい食事を終えてホテルに戻ったのはかなり遅い時刻であった。昼間は暑かったが、夜は涼しく、いや、冷えるくらいといってよく、上着を着てもまだ涼しいくらいであった。料理屋を出て車に来るとき、雨がポツポツ降ったりした。しばらく前はアラレが降った由。そのあとは晴天ばかりがつづいたという。やはりこの年は世界のかなりの国、なかんずくヨーロッパは異常気象と言ってよかったであろう。  小田さんという日航の人に、僻地《へきち》の旅と思って日本から持参したカップ・ライスと、これまたちっとも読まず無駄になったクリスティの本をあげようということになって、ホテルの部屋まで来てもらった。