どのように買ってヴィトン パスケース|ルイヴィトン財布ヴェルニ色 ヴィトン パスケースのブランドの割引の旗艦店|ヴィトン パスケースランキング outlet!


2015-01-24 04:48    ヴィトン パスケース
「じょ、冗談だろう!」  高岡は恐怖に震える声を出した。  恵美子はその高岡を|俯《うつ》|向《む》けにさせた。チェーンを捨て、ガーバー・マーク㈵のナイフで|延《えん》|髄《ずい》を|抉《えぐ》る。  全身を突っぱらせて高岡は即死した。恵美子は気絶しているルミも、ナイフを使って、すみやかにこの世に別れを告げさせた。かつては愛したルミではあっても、自分の素顔を知られた以上、永遠に口を封じなければならない。  ナイフの刃をキッチンで洗った恵美子は、居間に移り、スプロの秘密番号に電話のダイアルを回した。 「はい、|東《とう》|光《こう》商事です」  連絡員が答えた。 「こちら、パンサリス。不動産のことで社長とお話が……」  恵美子は言った。 「しばらく、お待ちを……」  連絡員は答えた。自動的に録音された恵美子の声をチェックする一分ほどの時間が過ぎ、 「私だ。何かあったのかね?」  と、尋ねるスプロ日本支部長|長《は》|谷《せ》|部《べ》の声が聞えてきた。  恵美子は暗号と隠語を駆使しながら、さっき起ったことを報告した。  長谷部も暗号と隠語を駆使した。 「分った。君のマンションを部下に見張らせておかなかったのは私の失敗だった。死体処理係りと、爆弾処理係りをそちらに派遣するから、君は駐車場の連中をまいて、至急こっちに来てくれ。こっちの所在地はとっくに敵の組織に知られているようだから、待伏せに気をつけてくれ。それから、変装用の着替えも持ってくるように」  と、いう意味のことをしゃべる。  電話を切った恵美子は、五つの死体を浴室に移し、居間の血を|拭《ふ》いたり隠したりした。ボストン・バッグとスーツ・ケースに、着替えの品と、死体から奪ったものを詰めた。ショールダー・バッグに、ベルトに差していた高岡のハイスタンダード・ダブル・ナインのリヴォルヴァーを移す。