オンラインショッピングをヴィトンダミエネヴァーフルmm|ヴィトンネヴァーフルgm定価,買ってヴィトンダミエネヴァーフルmmどのサイト,ヴィトンダミエネヴァーフルmm製品 outlet!


2015-01-24 00:05    ヴィトンダミエネヴァーフルmm
 残念なことにつたえられてきた知識は完全じゃあない。いちばんだいじなラルンガの退治のしかたさえ、つたえられていない。それでも、政をつかさどる者たちの目をかすめ、こうしてたいせつな知識は、ほそい糸のようにつたえられていくのさ。」  チャグムが、眉根をぎゅっとよせて、トロガイをみた。 「ほんとうに、星ノ宮の賢者たちは、民をそんなふうにあやつっているのだろうか? どうやったら、そんなことができるのだ?」 「たとえば、夏至の祭りさ。」  トロガイの答えに、チャグムは、はっと目をほそめた。 「夏至の祭り――あれはたしかに、聖祖が水妖を退治し、この地を清めたことを祝う祭りだ。だが、だからといって……。」  トロガイは首をふった。 「夏至の祭りは、もともと、ヤクーにとっては豊作祈願の祭りだった。わしは、その古代の夏至の祭りこそ、ニュンガ・ロ・イムの卵を無事にかえす方法をつたえるものだったのだと思う。ナユグの水の民がいっていた卵がかえる日は、夏至だからな。  だが、いまの夏至の祭りは、聖祖トルガル帝の偉業をたたえる祭りにかわってしまっている。もう、わしら呪術師でさえ、かつての夏至の祭りがどんなものだったのか、しるすべもない。……そういうことさ。」  ふたりの会話をききながら、タンダは、きょうの午後おもいがけずよみがえってきた、あの思い出のことを、ふたたび思いだしていた。祖父にナージの骨をならさせてもらいながらうたった夏至祭りの歌……。 [#ここからゴシック体] (ナージ、飛べ飛べ、海まで飛べば、雨ふり、稲穂はすくすくそだつ……。) [#ここでゴシック体終わり]  川の両岸にたてた四本の油をしみこませた柱。それが黒煙をあげて燃えあがるさま。踊りくるう張子《はりこ》の化け物を松明《たいまつ》でおいたてる人びと、おいつめられた化け物をきり殺す英雄の劇。よき雨をねがう人びとの歌声。  タンダの心のなかに、つかのま、なにかがうかんだ。が、それをしっかりつかまえるまえに、タンダは、ふたたび話しはじめたトロガイの声に、気をとられてしまった。  タンダが、つかまえそこねた思いつき。それは、じつは、とてつもなく、たいせつな思いつきだった。  タンダはこのとき、たいせつな事実のすぐそばまでせまっていたのだ。だが、そのかすかな思いつきは、はるかあとになるまで、ふたたびタンダの頭によみがえることはなかった。 「星読みだって、これほどたいせつなことを、完全にわすれさってはおらぬだろう。文字は、こういうときは強い。ラルンガ退治の方法がつたえられているとすれば、あの星読みどもの書物のなかだろうよ。