ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuittonスターの製品 ヴィトンスピーディモノグラム_ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton効果が良い|ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton公式ページのURL outlet!


2015-01-24 01:05    ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton
「男を一人押えたんですけど、こいつを閉じこめとく場所が要るんですよ」  野々山は、小谷と彼の妻が殺されていたことと、小谷のアパートから尾行してきた男を捕えたことを、かいつまんで話した。 「捕えた男は、宮沢に頼まれてぼくを尾行したことは白状したんですが、小谷と奴の女房が死んでいることは知らないと言い張ってるんです」 「小谷夫婦の始末をしたのが宮沢君だということを、その男の口から確かめようというわけだね、きみは……」  鹿取の声は、いつもの低いけれども明瞭な調子に変っていた。彼は家の者の耳を憚ってか、言いよどむふうにして、ことばを選びながら話している。 「小谷が死んだ以上、宮沢のホモ行為の証人は消えたわけです。ただ、宮沢が小谷を消したという証拠をつかめば、ホモ行為の暴露以上のダメージを与えることができます」 「いま、その男はどこにいる?」 「ぼくの車のトランクルームの中です」 「ひとまず、わたしの家に来てくれ」 「お宅に男を閉じこめるんですか?」 「まさか……。天城高原まで行ってもらうことになる。とにかく、こっちに来てくれたまえ」  鹿取は自宅までの道順を説明して電話を切った。  鹿取の家は成城だった。門にも玄関にも明りがついていた。門は開いていた。野々山は門を入って玄関のブザーを鳴らした。浴衣姿の鹿取が現われた。 「尾行はつかなかっただろうな?」  鹿取は玄関の式台に立ったまま、まず、そうささやいた。野々山は一瞬、きょとんとなった。尾行者は捕えて車のトランクルームに入れてあるのだ。 「わからないのかね?」  鹿取は野々山の表情を読んだようすで言った。 「きみが捕えた尾行の男は囮《おとり》かもしれない、とふと思ったのでね」