アーツィーmm アンプラントどちらが良い,louisvuittonルイヴィトン アーツィーmm アンプラント製品合格か,アーツィーmm アンプラント画像 outlet!


2015-01-24 19:19    アーツィーmm アンプラント
「ふたり撃ち殺されたそうですね」 「パチンコの景品交換所なんですがね。店員がふたりとも即死です。やりきれない話だ。本当に本腰を入れて銃器対策に乗り出さないと、今は後手後手に回ってますよ」  衣笠が本庁へ戻ってきたのは、銃器犯罪特別対策本部にレポートを出すためだということは、ちか子も知っていた。 「とにかく、牧原に連絡をとってみてください。オブザーバーという立場なら、逆に自由もきくでしょう。少し、先入観を取り払って調べてみたほうがいいかもしれない」 「先入観ですか」  それはどういう? と問いかけそうになって、ちか子が迷っていると、衣笠は笑った。 「いやつまり、なんといいますかね、奇妙だ、奇妙だと思いながら調べるんじゃなくて、とりあえず「奇妙だ」という感触そのものも脇へ除けて、白紙で調べ直してみるというような意味ですよ。余計なことかもしれませんが」 「とんでもありません。ありがとうございます」  衣笠は席を離れ、刑事部屋の出入口の方へ向かってゆく。ちか子はそれを見送ってから、また腰をおろした。  だけど、奇妙な事件なのよ——と考えていた。どうしたって、縦にしても横にしても奇妙なものは奇妙なのだ。 (それに……)  今の衣笠の、「先入観抜きに」という言葉も、あとで彼が説明したような意味合いで発せられた言葉ではないような気がした。本当は、もっと別の含みがあって言ったことだったのではないか。  眉を寄せて考えていた。そのために、刑事部屋を出ていく衣笠が、傍らのゴミ箱に紙コップを放り捨てつつ、その動作に隠してちらりと振り向き、つかの間、鋭い視線でこちらを見つめていたことに、ちか子はまったく気づかなかった。  完全に死んでいる。もう誰を脅かすこともない、無害な肉の塊だ。破壊された彼の後頭部を見つめているうちに、刃物をあてられたような冷ややかな戦慄《せんりつ》と共に、淳子は思いついた。  ——あれば、自殺じゃなかった?  浅羽もまた殺されたのではないのか。  でも、でも、いったい誰に?  さっき裏手の家の屋上から消えたあの姿。あれが浅羽を殺した誰かの姿だったのか。そうだとしたら、じゃああれは誰だ? どういう立場の人間だ?