ルイヴィトンジッピーウォレットヴェルティカル

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null「なんでこの俺が、領民どもの気持ちなどを頓着《とんちゃく》する必要がある。領主が領民どもの機嫌をとるのではない、領民どもが領主たるこの俺の機嫌をとるべきだろうが」  ケアルは顔を伏せ、軽く唇をかんだ。父ならば決して、そんなことは言わなかっただろう。領民あってこその領主であると、父はだれよりもよくわかっていた。 (いや……今まだ、兄上を父上と比べるのは間違っている)  父にしても最初から、非のうちどころのない領主だったわけではないだろう。数十年を領主として生きた父と、まだ代理の立場でしかない次兄を比べてはいけない。 「——ああ、そうだ。デルマリナ船が近くに停泊し、船長どもが公館へ俺に面会するため出向けば、領民どもはさぞ驚くだろうな。新領主の俺に早速、デルマリナが敬意を表して挨拶に来たのだと」  それはいい、とミリオは満足げにうなずいた。 「領民どもだけではない。各領から来ている弔問客にも、デルマリナのやつらがこの俺にわざわざ会いに足を運んだのだというところを、見せつけてやろう」 「兄上、それはかえって逆効果になるのではないでしょうか?」 「うるさいっ!」  家畜でも追い払うように、次兄はケアルの進言を手を振って遠ざけた。 「俺が領民どもの尊敬を集め、各領からも一目おかれるようになっては、おまえが困るのだろう?」 「決してそんな……」 「ギリ老の後ろだてがあるのだと、いい気になっているなよ。父上亡きいま、俺が次の領主だ。おまえごときが何をしようと、所詮《しょせん》はくだらん小細工にすぎん。まあ、おまえなどには小細工程度がふさわしいのかもしれないがな」  言い放つとミリオは家令に、伝令を呼ぶよう命じた。家令が一礼し走り去っていくのを見送り、ケアルが退出しようとすると、 「——そうだ、ひとつ言っておく」  執務机の前に座りなおした次兄が、弟を引き留めた。 「なんでしょうか?」 「これからは俺を、兄上と呼ぶな。領主さまと呼べ」
    2015-01-24 19:35
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトンジッピーウォレットヴェルティカル
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトンジッピーウォレットヴェルティカルランキング9が強い|ルイヴィトンポシェットクレnm_「通販」_ルイヴィトンジッピーウォレットヴェルティカルアフター outlet!