セレブ愛用 ルイヴィトン コピー モノグラム スピ-ディー30 ハンドバッグ ダークブラウン M41526
null
null 「そっちも時間通り。どっかの誰かとは大違いだ」  ……いや、アイツは思いっきり早く来たり、来ていたクセに隠れていたり、と時間そのものは守っていたワケだけど。 「志貴。真祖の件はどうなりましたか」 「それなんだけど、どうも捕まらなくて。アルクェイドの部屋に書き置きしておいたから、明日にはなんとか」 「そうですか。彼女が行方を眩ましているのであれば、確かにそう簡単にはいきませんね」 「そうそう。アイツ気紛れだから、こっちの事情なんて知らずに遊び回ってるに決まってる」 「そうでしょうか。真祖は意図的に志貴から離れているのではありませんか?」