ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton

見に行く

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null 部屋のヒーターをつけた。バッグから、もうひと組の手錠と、新しい錠前を二つ出した。小さなドライバーを出した。それを持って、地下室に下りた。  地下のジムは、空気が冷えきっていた。暖かい南の国に生れ育ったはずの殺し屋は、黒のトレーニングウェア一枚で、板張りの床の上で体を丸めてうずくまっていた。手錠がしっかりと奴の両手首にくいこんでいた。寒さと恐怖で、殺し屋は白っぽく粉をふいたような顔色になっていた。力なく開いた眼も光を失い、白くにごり、猿轡《さるぐつわ》代わりのテニスボールを押し込まれた口の端から、涎《よだれ》が垂れていた。  おれは持ってきた手錠で、殺し屋の両足をつないだ。ナイフを出した。殺し屋の眼がひきつり、全身に痙攣が走った。おれは殺し屋を床に引き倒した。ナイフで奴のトレーニングウェアを切り裂き、裸にした。トレパンも切り裂いてむしり取った。ブリーフも裂いて剥ぎ取った。むき出しになったペニスが、芋虫のようにちぢみあがっていた。  おれは口をきかなかった。殺し屋も声を出さなかった。おれは頭の中のプログラムに従って、決めたことをつぎつぎに片づけた。地下室のドアに外から錠前を取りつけた。サウナルームの扉にも外から南京錠を取りつけた。剥ぎ取った殺し屋のトレーニングウェアは、地下室の外の通路に出した。  居間に戻り、バッグからウォークマンを出した。中にはハードロックのテープがセットしてあった。それと粘着テープを持って地下室に戻った。  殺し屋は床にうずくまり、素っ裸の体を丸められるだけ丸めて、ふるえていた。ウォークマンのヘッドフォンを、殺し屋の耳に当てた。殺し屋が怪訝《けげん》な顔を見せた。ヘッドフォンははずれないように、粘着テープで固定した。ウォークマンも、テープで殺し屋の裸の胸に固定した。ウォークマンのスイッチを入れ、ボリュームを限界点まで上げた。ヘッドフォンから洩れてくるハードロックのビートが、かすかにおれの耳にも聴こえた。殺し屋が、不意に強烈なサウンドを耳から叩きこまれて、体をびくりとふるわせた。  サウナのスイッチを入れた。殺し屋の前に行き、おれはゼスチュアを送った。奴の喉を指でさし示し、それからおれは、自分の喉をナイフで切り裂く身ぶりをした。最後にもう一度、奴の喉を指さした。  死の宣告のゼスチュアだった。通じた。殺し屋は眼に恐怖と絶望の色を浮かべた。すぐにその眼が閉じられ、首が前に落ちた。眼を閉じれば、恐怖と絶望から逃れられる、とでもいうように。  おれは地下室に鍵をかけ、上にあがった。寝室から毛布を持ってきた。七時になろうとしていた。十時に目覚まし時計をセットして、ソファの前のテーブルに置いた。ソファに体を横たえ、毛布をかぶった。  居間は静かで暖かかった。ヒーターが効き始めていた。地下室の殺し屋は、十二月半ばの寒さと、両の耳から間断なく叩きこまれてくるロックのサウンドの音量と闘わなければならないはずだった。肉体と神経がいためつけられないはずはなかった。それが奴の最初の試練になるわけだった。  時計のアラームで目を覚ました。地下室に下りた。殺し屋は床に両頬と額を押しつけて、背中を丸めていた。全身が鳥肌立って、血の気を失っていた。ふるえがはげしかった。  おれは奴の頭からヘッドフォンをはずした。とたんに殺し屋は、横に体を投げ出して床に力なくころがった。奴の胸にはりつけたウォークマンもはずした。  サウナは百十度の温度になっていた。温度のセットはそのままにして、殺し屋をサウナに引きずり込んだ。扉を閉め、鍵をかけた。扉のガラスの小さな窓からのぞいた。殺し屋はサウナルームの床に尻を落とし、壁の腰掛けに背中をもたせかけて、がっくりと首を落としていた。寒さと音のつぎは、高温が殺し屋を苦しめることになった。それを交互におれはくり返すつもりだった。殺し屋の自律神経と、生理的な抵抗力は、正常な機能を奪わずにはすまないはずだった。  暴力がもたらす肉体の痛みと恐怖は、いわばそのときだけのものだ。神経と生理に加えられる攻撃は、暴力以上の底深い恐怖を心にかき立てずにはおかないだろう。底深い恐怖に、殺し屋の精神がどこまで耐えられるか、おれは見ものだと思った。  上にあがり、シャワーを浴びた。下の町まで車を走らせて、食料品を買い込んだ。戻ってきたときには、十一時四十分になっていた。殺し屋は、ほぼ一時間半にわたって、百十度の高温の小部屋に閉じこめられていたことになる。  買ってきた食料品を冷蔵庫に入れてから、地下室に下りた。殺し屋をサウナルームから引きずり出した。殺し屋の細いひきしまった体に、汗が滴《したた》っていた。奴の体を引きずった地下室の床に汗の跡が帯のように残った。その汗が絞りきられて出なくなったときが、殺し屋にとってはほんとうの地獄になるはずだった。  すぐにまた、ヘッドフォンを殺し屋の耳に当て、ウォークマンのスイッチを入れた。たばこを吸いながら、おれは奴の汗が引くのを待った。汗が乾かなければヘッドフォンとウォークマンを固定する粘着テープが、剥がれる心配があった。  殺し屋は床にころがり、ぐったりとなって眼を閉じていた。汗の滴《しずく》をつけた陰毛の中で、ペニスはちぢんだままだった。陰嚢だけが赤みをおびて、ばかに大きく見えた。おれは無言を通した。殺し屋も口を開きたがっているようすは見せなかった。奴の体は弱り始めていても、根性はまだ衰えていないようすだった。
    2015-01-24 01:01
    ŗ 評論 0
発祥地|ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuittonどっちがいい_ヴィトン ストール 価格,「ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuitton」_買ってルイヴィトンショルダーバッグモノグラムトータリーpm m56688 louis vuittonのオフィシャルサイト outlet!