ウィルシャーpmモノグラム
null
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ポムダムールM93642(BF075866)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ポムダムールM93642(BF075866)[中古] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ポムダムールM93642(BF074004)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ポムダムールM93642(BF074004)[中古] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM モノグラムヴェルニ ハンドバッグ アマラントM93641(BF074120)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM モノグラムヴェルニ ハンドバッグ アマラントM93641(BF074120)[中古] 
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ローズフロランタンM91642(BF071171)[中古]
__null00
[ルイ・ヴィトン]LOUIS VUITTONウィルシャーPM ハンドバッグ モノグラムヴェルニ ローズフロランタンM91642(BF071171)[中古] 
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ウィルシャーPM モノグラム モノグラム M45643 [中古]
__null00
[ルイヴィトン] LOUIS VUITTON ウィルシャーPM モノグラム モノグラム M45643 [中古] 
(ルイ・ヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム ウィルシャーPM M45643
__null00
(ルイ・ヴィトン)LOUIS VUITTON モノグラム ウィルシャーPM M45643 
null「こんなものまで、収録してくださったの……」  というにちがいない。「声」に載せた「暗き旅路に迷いしを」が、前記の単行本に収められたことも、綾子がいたらびっくりするかも知れない。が、「道ありき」の原点ということで、収録していただいた。この「暗き旅路に迷いしを」は、中嶋先生に「小説を」と言われたこともあって、その後に書いた手記「太陽は再び没せず」、更に自伝「道ありき」とは、かなり異なる内容となっている。登場人物の名前もほとんど仮名である。タイトルも「小説 暗き旅路に迷いしを」と、あえて「小説」の二字を冠している。ところどころ抄出してみよう。 <S駅を出ると、私は歩きにくい砂道をだらだらと登って行った。靴の中には忽ち砂が沢山入って、それが如何にも違う町に来たという直接的な感じであった。六月には珍しく暑い陽ざしで、自分の影が濃く短く、地に映っているのを、私は息をひそめるようにじっとみつめた。死ぬ為に、はるばるとこの海辺の町に辿りついた自分の影がこんなにも、くろぐろと濃いということが、ひどく不思議な感じだった。このS町には不相応に大きいS館は、客が少なくひっそりしていた。私は部屋に案内されると、静かに身を横たえて目をつむった>  こんな書き出しで始まり、幼馴染との回想、聖書についての語り合い、自殺についての見解などが書かれていく。自殺については、 「自分の命を賭けてまで、自分の主張を通すというのが自殺ですからね。罪の最たるものです」  という幼馴染に言われた言葉を書いているが、これは確かに自殺に対する的確な見方であろう。  小説は更につづく。 <女中が夕食を運んで来た。私は自分の前に置かれた膳に向かった。とにかく夜になるまでは人に怪しまれてはならなかったからである。  小さな飯びつから自分で茶わんに飯を盛りつけながら、私は思った。人間は生きる為に食べるとか、食べる為に生きるとか云うけれど、今私が食事するのは生きるということに何のかかわりもないことなのだ。こんな全く命にかかわりのない食事をする時が来る事を曽て一度でも思いみた事があったであろうか。  夜になった。急に激しい風が窓にぶつかるように吹き出した。星あかりもない夜である。私の様な女が死ぬには相応《ふさわ》しい真暗な夜であった>  以下、海べに行き、水に入って行く場面があり、思いがけず助けられる次第が書かれてある。四百字原稿用紙にして十枚もない程度の長さで、これを二回に書いている。前述したとおり、綾子は二回でストップした。中嶋牧師がアメリカに行って、責任を逃れたとでも思ったか、もはや確かめる術《すべ》もないが、何か思うところがあったのかも知れない。原稿は月報「声」の一月号と二月号に載った。  その年、一九六一年春か夏、綾子は「主婦の友」誌に手記を応募することになる。これが「太陽は再び没せず」で、綾子は五十枚を書き送った。が、発表の時には綾子の名が全くなく、 「あら、没になったのね」  と、あっさりした態度であった。ところが編集部では「愛の記録」という企画を別に設けて、一九六二年(昭和三十七)一月号の「主婦の友」に綾子の作品が第一回の入選となった。一旦は落選と思っていただけに、綾子本人も私も大いに感謝した。その「主婦の友」一月号は、前年十二月に送られて来て、うれしい年末となった。賞金は二十万円であった。