ルイヴィトンショルダーバッグモノグラム包郵|ルイヴィトン エピ ポーチ|ルイヴィトンショルダーバッグモノグラムランキング9が強い,ルイヴィトンショルダーバッグモノグラム専売 outlet!


2015-01-24 18:34    ルイヴィトンショルダーバッグモノグラム
 にわかに泣いてでもいるように、|天《そら》の|梢《こずえ》はふるえていう。 「——俺は、今から生れ直したい。……人間と生れたのは大きな使命をもって出て来たのだということがわかった。……そ、その生甲斐がわかったと思ったら、途端に、俺は、この樹の上にしばられている|生命《い の ち》じゃないか。……アア! 取り返しのつかないことをした」 「よく気がついた。それでおぬしの生命は、初めて人間なみになったといえる」 「——ああ死にたくない。もう一ぺん生きてみたい。生きて、出直してみたいんだ。……沢庵坊、後生だ、助けてくれ」 「いかん!」  断乎として、沢庵は首を振った。 「何事も、やり直しの出来ないのが人生だ。世の中のこと、すべて、真剣勝負だ。相手に斬られてから、首をつぎ直して起ち上がろうというのと同じだ。|不《ふ》|愍《びん》だが沢庵はその縄を解いてやれん。せめて、死に顔のみぐるしくないように、念仏でも唱えて、静かに、生死の境を噛みしめておくがよい」  ——それなり草履の音はピタピタと彼方へ消えてしまった。武蔵も、それきり|喚《わめ》かなかった。彼にいわれたとおり、|大《たい》|悟《ご》の|眼《まなこ》をふさいで、もう生きる気も捨て、死ぬ気もすて、颯々と夜を吹くかぜと|小《こ》|糠《ぬか》|星《ぼし》の中に、骨の|髄《しん》まで、冷たくなってしまったもののようであった。  ……すると、誰か?  樹の下へ立って、梢を仰いでいる人影があった。やがて千年杉に抱きついて、一生懸命に、低い枝の辺までよじ登ろうとするのであったが、樹のぼりに妙を得ない人とみえ、少し登りかけると、木の皮と一緒に|辷《すべ》り落ちてしまう。  それでも——木の皮より手の皮がすり|剥《む》けてしまいそうになっても——|倦《う》まず屈せず、一心不乱に繰返してかじりついているうちに、やっと、下枝に手が懸り、次の枝に手をのばし、それから先は、難なく、高い所まで登ってしまった。  そして、息を|喘《き》りながら——  と、|婆《ばば》は首を振っていう。 「武蔵武蔵というが、あか児にすこし毛が生えたような|餓《が》|鬼《き》一人、何を怖れることがあろうぞ。婆には、力はないが、智謀というものがあるぞよ。また、一人や二人の敵ならば、ここ——」  と、自分の唇へ、ひとさし指を押し当てて、何か自信ありげにいった。 「いい出したら、後へは退かぬおばばのことじゃ、それでは、|去《い》になされ」  と、励まして、もう一同も止めようとはしなかった。 「さらばじゃ」