ルイヴィトンダミエショルダーバッグどこが売ることがいます ヴィトン スーパーコピー|「促銷」,ルイヴィトンダミエショルダーバッグ好用嗎 outlet!


2015-01-26 14:37    ルイヴィトンダミエショルダーバッグ
「それでは、お友達とも本の貸し借りもなさらないんですね」 「しません。友達はあまり本を読まないし」 「ご家族とも?」  ほんの一瞬、間があった。 「家族から借りるぐらいなら……でも、滅多にないです。うちの家族もみんな本は好きじゃないから。読んでもせいぜい雑誌とか、それぐらい」  いや、姉の奈緒は志田から借りた本を最近よく読んでいるはずだが。この少女の中では、本好きにカウントされていないらしい。 「そうですか、分かりました」  篠川さんはうなずいた。 「もういいですか? わたし、そろそろ」 「ごめんなさい、もう一つ質問がありました」  そう言って、今度は人差し指を立てる。 「あなたは、どうやってあの感想文を書いたんですか?」  しんと店内が静まりかえった。今ひとつ意図の分からない質問に思えるが、小菅結衣の目がかすかに見開かれた。 「……本を読んで、ですけど。そこにあるの、わたしの本でしょう? それを読んだんです」  彼女はカウンターを指差した。そこには俺たちが借り出した完全版の『時計じかけのオレンジ』が置かれている。 「この小説には二種類の結末があります。アレックスの洗脳が解けたところで終わる不完全な版と、自らの意志で更生を決意する最終章が収録された完全版です。あなたは完全版を読んだのに、どうして最終章のない版の感想を書いたんですか?」  ついに核心に触れた。もし小菅結衣がなにか隠しているなら、動揺を示すはずだと思っていた。しかし、そうはならなかった。  彼女は妙に大人びた、不敵と言っていい笑みを浮かべていた。