ルイヴィトンスピーディー30製品合格か,ヴィトンアズールスピーディ|ルイヴィトンスピーディー30販売公式サイト,ルイヴィトンスピーディー30すべての製品 outlet!


2015-01-26 15:35    ルイヴィトンスピーディー30
 |怒《ど》|濤《とう》のようなフル・オート射撃の続けざまの反動に耐えるために大きく両足を開き、前かがみに体重を掛けている。  特製三十連の弾倉はたちまち空になった。新城は|空薬莢《からやっきょう》がまだ空中にあるうちに、空になった弾倉を抜き捨て、弾倉ベルトから抜いた予備弾倉のうちの一本を|装《そう》|填《てん》し、速射を再開する。  森山のボディ・ガードたちは、次々に射ち倒された。  彼等のうちでショックから立直って射ち返してくる者もいたが、泡をくっているので、タマは大きく新城を外れる。せいぜいが、新城が|楯《たて》にしている自動車に当たる程度だ。  新城が四本目の弾倉をM十六自動カービンの弾倉室に|叩《たた》きこんだとき、母屋から跳びだしていた男たちで死体や重傷者とならなかった者はいなくなった。  右手を背中の上に|廻《まわ》した新城は、フレーム・パックに入っていた予備の弾倉帯を取りだした。  その弾倉帯から三本の弾倉を抜いて、腰に|捲《ま》いている弾倉帯の空になったパウチに差しこむ。  コンクリートの床に捨ててあった空の弾倉三本は、さっきパックから出した弾倉帯と一緒に、フレーム・パックのなかに仕舞った。      3  |轟《とどろ》いた銃声によって、暴走するサラブレッドの群れは向きを変えていた。  新城はM十六自動ライフルを腰だめにして、倒れている男たちに走り寄った。  腹を射たれてのたうっているボディ・ガードの一人の|襟《えり》を|掴《つか》んで、ガレージに引きずっていく。  ガレージまであと二十メーターほどのところに来たとき、母屋の三階の窓から銃火が|閃《ひらめ》いた。  銃弾が新城をかすめた。  新城は引きずっていた男を放りだすと、銃声がした窓に向けてM十六自動カービンから十二、三発を射ちこんだ。  銃弾が肉体を貫く反響と絶叫が聞こえた。新城は再びボディ・ガードの体を引きずってガレージの車のあいだに戻った。

最新情報

ランキング