実用的なパピヨンルイヴィトンナビsite louisvuitton navi jp,最高の技術Louis Vuitton-ルイヴィトン モノグラム アンプラント ルミニューズ PM M93409 トートバッグ最高の技術_パピヨンルイヴィトンナビsite louisvuitton navi jpコーナーの規格品 パピヨンルイヴィトンナビsite louisvuitton navi jp公式サイトの旗艦店 outlet!


2015-01-26 21:12    パピヨンルイヴィトンナビsite louisvuitton navi jp
「いやよ。あの部屋にはいるなんて」 「心配するな。殺人事件の起きた部屋にはいるんじゃない。このマンションが、なぜ六本木不倫館と呼ばれているかを、お見せしようと思ってね」  相沢は妙なことを言いながら、表で車を駐め、 「さ、ゆこう」  そのまま、明日香を従えてフロントに入ると、エレベーターに乗った。  明日香は、このマンションが何といっても、殺人事件の起きたマンションであり、稲垣啓四郎や妹の見栄子が住んでいるマンションだったので、息苦しい気分だったが、その反面、いったい相沢は何を見せるのだろうと、急に好奇心も湧いてきて尾いてゆくしかなかった。  相沢は四階で降りた。事件の起きた六〇六号室ではなさそうだったので、明日香は少し安心した。  相沢は四〇五号室という部屋のキイをあけた。その部屋も、ネームカードはなかった。 (この部屋もホテルがわりのリースマンションとして、使われているのだろうか)  相沢はドアをあけ、腕時計をみながら、 「さ、はいりたまえ。ちょうど、いい時間かもしれないぜ」  小声で、囁くように言った。  急に秘密っぽくなったような気がする。しかし、危険という雰囲気は、あまり感じられなかったので、明日香は入った。  照明は薄暗いが、やや華美なインテリアをもつ豪華マンション。とくに奥のほうの寝室は広くて、キングサイズのベッドが二つも並んでいる。 「こっちだよ。こっちに来て、見てごらん」  相沢が奥の寝室に導いた。ベッドの横が金箔塗りの襖になっていて、その襖を相沢はするするっと、あけたのである。  あッ、と明日香は息をのんだ。襖の奥がマジックミラーになっていて、そこから隣の部屋が見えたのである。 「まあ!」