louisvuittonルイヴィトン役立つか ヴィトン 鞄 特価louisvuittonルイヴィトン,louisvuittonルイヴィトンランキング outlet!


2015-01-26 22:26    louisvuittonルイヴィトン
 その年、十勝太は未曾有の大洪水に見舞われた。春先から愚図ついた天候が続き、夏になっても一日として晴れた日はなかった。刷毛(はけ)で掃(は)いたような薄雲が西の空いっぱいに広がり、太陽が厚い暈(かさ)をかぶっていた。やがて降り出した雨は、夜中じゅう降り続き、次の日もその次の日も降り止まなかった。  「今日で四日目だな」  「天が底でも抜けたべか」  モンスパとサトはかわるがわる川岸に立ち、水の溢れ具合に気を配った。  「今日も止まなかったら、峠の上に逃げねばなるめえて」  その日、午後になって急に水嵩を増した十勝川は川岸を噛み砕き、濁流が陸の上まで溢れ出した。  もう考えている余裕はなかった。モンスパは矢継ぎ早にサトを急きたてる。  「屋根からロープを取り出してな、家をアオダモさ、しっかりと縛れ!」  縛り終らぬうちに、  「馬を放せ!」と、叫ぶ。  「倉庫の米類を荷車さ積め!」  サトは眼の見えない周吉の叔母カロナを相手に、背を丸めて跳んで歩いた。  そこに、村木牧場で牧夫をしている周吉が慌(あわ)ただしく峠を駈け下りてくる。  「利別(としべつ)川が氾濫して鉄橋が落ちたというから只事ではねえど!」  彼は金時から跳び下りるのももどかしく、まず、家をアオダモに縛りつけたロープを肩で担ぐようにし、きつく締め直した。その足ですぐ厩に走る。  「さあ、早う早う」  モンスパがサトやカロナを急きたてる。濁流はすでに荷車の輪型を、ひたひたと打ちつけていた。  「おら、ここさ残る」

最新情報

ランキング