規格品クロエ ポシェット通販、|ボストンバック クロエ ポシェットメーカー_網,世界ブランドクロエ ポシェット outlet!


2015-01-26 13:22    クロエ ポシェット
「どうする気?」 「風呂に入るんだろう? 湯があふれそうになってるぜ」  伊奈はガラスの壁の向うに見える湯舟に眼をやった。事実、湯は湯舟の縁を越そうとしていた。 「なんだか、気乗りしなくなったわ。あんた何が目的であたしをこんなところに誘ったのよ?」 「おまえが誰に頼まれて、おれをシャポーに誘ってベロベロに酔わせたか、それを知るためだよ」 「誰にも頼まれてなんかいないわよ」  久美子は強い口調で言った。だが、伊奈がどうしてそういうことをたずねるのか、訊こうとはしない。伊奈は内野久美子が敵の一味であることをもう疑ってはいなかった。 「シャポーにおれを誘ったのは、ただのプレイのつもりだったって言うのか?」 「そうよ」 「ならいい。いいから脱げよ。風呂に入ろうぜ」 「へんな人……。いったいなんだって言うのよ」  久美子は言い、ベッドに腰をおろしたまま、タンクトップを脱ぎ、ブラジャーをはずした。 「おまえとシャポーに行って、助平心出して飲んでるうちに、おまえは消えた。おれはベロベロに酔っぱらって家に帰って、危なく死ぬところだった。ガスを吸ってな」 「それとあたしと関係あるっていうの?」 「ないっていうのか?」 「冗談じゃないわ。それで、警察に届けたの? そのこと……」 「警察ねえ……」  伊奈は言って低い声で笑った。内野久美子はパンティ一枚の姿になっていた。伊奈は両手をあげて彼女の乳房に手をあてた。量感のある乳房だった。伊奈の手が乳房を包みこんだ。その手に伊奈は不意に強い力をこめた。内野久美子は呻いた。苦痛のために身をよじった。乳房は伊奈の五本の指の間からあふれるように盛り上がり、形を歪めた。