「特価」_プラダ バッグ 新作 梨花_プラダ アクセ加盟,プラダ アクセの効果は良いですか outlet!


2015-01-26 13:42    プラダ アクセ
 聞き覚えのある男の声がした。ふり返った竜太は、 「ああ部長さん、お晩です」  さわやかに答えた。下宿に近い駐在所の巡査部長だった。朝に夕にその駐在所の前を通って、竜太は学校に通っていた。 「寒いですね、お仕事ですか部長さん」  竜太はいつもの語調で問いかけた。 「はあ、仕事です」  巡査部長はややそっけなく言って、雪明りの中に竜太を見据えた。 「それはご苦労さんです。わたしもこれから当直です。それで丹前と枕カバーを持ってやってきたところです」  竜太は軽く笑った。巡査部長の目が光った。 「お忙しいところをすみません。実はちょっと駐在所までお越し願えませんか。先生にお聞きしたいと、本署から署員が来ているもんですから」 「え? 本署から? しかし、わたしは今夜宿直でして……日直の先生も待っておりますし」  竜太は内心無礼だと思った。 「いえ、ほんのちょっとの時間です。お手間は取らせません」  巡査部長はていねいに頭を下げた。 「じゃあ、この丹前を宿直室に置いて来ます。日直の先生に断ってこなければなりませんし……」  行きかける竜太の手を、巡査部長は意外に強い力でおさえ、 「今は只、わたしと共に来て下さればいいんです。すぐですから」 「しかしですね、そんなちょっとしたことなら、丹前を宿直室に置いて来るぐらい、何でもないじゃありませんか。それに、旭川から電話がかかってくることにもなっているんです」