收藏

プラダアクセサリーポーチ編集

[プラダ]PRADA レザー アクセサリーポーチ ブラック 1N1620[中古品]
__null00
[プラダ]PRADA レザー アクセサリーポーチ ブラック 1N1620[中古品] 
PRADA : プラダ  アクセサリーポーチ ホワイト+ゴールド(TALCO+PLATINO) 並行輸入
__59,00000
PRADA : プラダ  アクセサリーポーチ ホワイト+ゴールド(TALCO+PLATINO) 並行輸入 
プラダ PRADA ポーチ 1N1620 アクセサリーポーチ VIT.DAINO(鹿革) PEONIA(ピンク系) 【アウトレット】【並行輸入品】
__46,00800
プラダ PRADA ポーチ 1N1620 アクセサリーポーチ VIT.DAINO(鹿革) PEONIA(ピンク系) 【アウトレット】【並行輸入品】 
プラダ PRADA ポーチ 1N1620 アクセサリーポーチ VIT.DAINO(鹿革) MARMO(グレー系) 【アウトレット】【並行輸入品】
__46,00800
プラダ PRADA ポーチ 1N1620 アクセサリーポーチ VIT.DAINO(鹿革) MARMO(グレー系) 【アウトレット】【並行輸入品】 
【ノーブランド品】 2way ハート キャンバス トートバッグ ポーチ 携帯バック 3点 セット
__1,98000
【ノーブランド品】 2way ハート キャンバス トートバッグ ポーチ 携帯バック 3点 セット 
PRADA プラダ ショルダーバッグ アクセサリーポーチ BN1834 ZMY F0468 テスート レッド 【並行輸入品】
__43,20000
PRADA プラダ ショルダーバッグ アクセサリーポーチ BN1834 ZMY F0468 テスート レッド 【並行輸入品】 
 その梶原家の息女が、今この時期に、人を毒死させた。  本当にまずいこと、伏せておかねばならないことは、そちらの方だ。  宇佐は暗がりのなかで目を見開いた。そうだ。渡部が目を血走らせ、嘉介親分が顔を歪めていたのはそのせいだ。  加賀さまにまつわる風評が怖いなんていうのは、二の次三の次だ。丸海藩が本当に恐れているのは、大切な加賀さまのお預かりに関わる御牢番の、梶原家の失態が公になることなのだ。  嘉介親分は、このお預かりに少しでも手抜かりがあれば、丸海藩はお取り潰しになると言っていた。それほど大切な課役なのだ。こともあろうに御牢番の身内に人殺しが出たなどということは、伏せられるものなら伏せてしまうに越したことはない。だから渡部さまと親分は口裏を合わせ、琴江さまを最初に毒死と診立てた啓一郎先生や、井上家の人たちも、揃ってロをつぐんでしまったのではないか。  啓一郎先生は、お取り潰し云々という嘉介親分の心配を、うがち過ぎだと笑っていた。でもあれは、要するに建前だったのではないか。宇佐にそんなことを聞かせたっていいことはないから、笑ってかわしておられたのだ。本当は、匙家の若先生だもの、この課役にどれほどの重みがあるのか、よおく知っているはずなのだ。どんな些細な手違いも、外聞を憚るような椿事もあってはならない。あったとしたら、それはなかったことにされなければならない。  だから、琴江さまを病死と偽るより仕方がなかった ———  じっとしゃがんで聞き耳を立てているだけなのに、宇佐は息苦しくなってきた。驚きと怒りと、自分でつかんだこの推測に、心が昂ぶっているせいもあるのだろう。  漁師町生まれの宇佐は知っている。凪いで穏やかに見える海にも、潮の流れがあることを。人の世も同じだ。静かな波の下に、思いがけないほど強い渦が巻いていることだってある。  それにしても、解せないことはまだ残る。梶原の美祢は、琴江さまと仲良しだった。少なくとも宇佐の目にはそう見えた。いったいどうしてその美祢が、琴江さまを手にかけたりしたのだろう。 「宇佐、そろそろ失礼するぞ。さっきから何やってんだ」  花吉が偉そうに大声で呼んだ。宇佐は息を呑み込み、せいぜい顔色を整えて囲炉裏端へと戻った。 「風が出てまいりましたよ、先生。煙抜きのところでひゅうひゅう音がしています。夜の鳴る音でございますね」 「夜が鳴る、ね。宇佐はきれいなことを言うのですね」 「チェッ、女だからなぁ」  花吉がくさす。宇佐は笑い、泉先生も笑った。顔の皮一枚の笑いだと、宇佐は思う。  急に、芯から寒いような気がした。 「宇佐、我が家の女中のしずを知っているな。おまえの顔を見ると、何が気にいらぬのかガミガミ怒ってばかりいる」
表示ラベル: