ビトン草間弥生

見に行く

推薦:この製品は非常に優秀な感じ

同類の製品の中でランキング第

製品の得点

  • 4.1
    製品評価
  • +
  • +
  • +
  • アマゾン 5.0分
    宝の街に 5.0分
製品の得点参考社以上の専門サイトと干し宝街の売上データ統計成約

全網言い伝え

私はコメント
  • て源のは宝の街に
    null カッサは耳をすまし、目をこらした。ヨヨが自分に感じとらせたいものを、なんとか感じたかった。けれど、いつもとはちがう、なまあたたかさをなんとなく感じるだけで、ヨヨがみせたいものは、いっこうにみえてこなかった。 「ごめん、ヨヨ、なにもみえないよ。」  つぶやくと、ヨヨはため息《いき》をついた。となりで、ヨヨの父親のドドが、かすかに首をふるのがみえた。 (やっぱり、カンバル人にはみえないんだな。)  ヨヨは、自分よりずっと背《せ》が高い、カンバル人の若者《わかもの》をみあげた。もともとは山の底《そこ》にうまれ、この闇《やみ》に属《ぞく》している自分たちと、日の下でうまれたカンバル人とでは、感じるものがちがうのは、しかたがないことだ。 (でも、なんとかこれを、わかってもらわなくちゃ……。)  いまおきている異変《いへん》は、牧童《ぼくどう》たちだけでなく、カンバル人たちの生死《せいし》にかかわることだ。カッサに、事態《じたい》の切実《せつじつ》さをわかってもらわねばならない。そして、カッサの伯父《おじ》であり、このムサ氏族領《しぞくりょう》の氏族長《しぞくちょう》であるカグロの心をうごかしてもらわねばならない。  もし、このまま、雪どけの季節《きせつ》をむかえてしまったら、たいへんなことになる。 「水面《すいめん》をみせたらどうだろうな。」  ふと、ドドがいった。ヨヨは、はっとして、父をみた。 「そうか。水面なら、目にみえるね。」  ヨヨはカッサの手をつかむと、洞窟《どうくつ》の奥《おく》へひっぱっていった。  おさないころから、洞窟はおそろしいところだときかされてそだったカッサは、洞窟をまもるヒョウル〈闇《やみ》の守《も》り人《びと》〉たちの真《しん》の姿《すがた》を知ったいまでも、この闇に恐怖《きょうふ》を感じてしまう。ふるえているのをヨヨにさとられまいとしながら、カッサは、だまって、小さな親友《しんゆう》のあとをついていった。  こまかい枝《えだ》のようにわかれている洞窟《どうくつ》の枝道《えだみち》をくぐりぬけ、やがて、彼らは、広い地底湖《ちていこ》のほとりにでた。  むこう側《がわ》は、ぼんやりと闇《やみ》にとけあって、どこまでひろがっているのか見当《けんとう》もつかない。おそるおそる水面《すいめん》に目をむけると、澄《す》んだ水をすかしてみえる斜面《しゃめん》も、はるか深《ふか》い闇《やみ》の底《そこ》へとすべりこんでいた。 「目をこらして、よくみて。波紋《はもん》がみえる?」  ヨヨにいわれて、カッサは水面に目をこらした。すると、ヨヨがいっていたものが、ようやくみえはじめた。  いくつも、いくつも、水面《すいめん》に波紋《はもん》がひろがっている。底《そこ》から泡《あわ》がのぼってくる沼地《ぬまち》で、こういう光景《こうけい》をみたことがあったけれど、どれほど目をこらしても、この澄《す》んだ水には泡などみえない。いったい、なにが水面をふるわせているのだろう? まるで目にみえぬなにかが水のなかで身《み》をふるわせていて、その震《ふる》えが湖面《こめん》につたわっているようだった。
    2015-01-26 21:54
    ŗ 評論 0
発祥地|ビトン草間弥生
成立時間|
公式サイト|
ブランド紹介|ビトン草間弥生コーナーの規格品|louis vuittonルイヴィトンヴェルニ,ビトン草間弥生アフター 世界ブランドビトン草間弥生 outlet!