收藏

エルメスカレシルクジャージー編集

「いいか、今の私は工房に保管してあったものだ。 腹立たしさよりも、彼女への興味のほうが優《まさ》った。 どうしてだろう。会議で問題になったのは、この情報の信頼性だった。今日もお疲れさまでした」 「ありがとうございます」 大きなマグカップから、俺は一口コーヒーを飲んだ。」 「驚いたね。 全部で五つ。 たそがれの光がうすれ、庭の木々はうす闇《やみ》にしずんでいた。 あのときは、お父さんがアスラをみつけて、つよい手でひっぱってかえってくれた。 葉山はそれを、女性自身の「容貌」と呼んでいる。
親を殺され、追手に追われ、一寸《いっすん》さきに死がまっているかもしれぬ、暗闇のなかで生きてきた娘だった。 「さっきまで槍の穂先をといでいたけれど、ちょっとまえに、沢のほうへいったよ。」 「おれは帰れない。僕は黙って肩をすくめた蒲原という男は、私も「若竹」で二三度落合っていたが、どこかの会社に勤めていて、瀟洒とした美青年であった。兄を殺され、親友は国外へ逃げ、ふいに、ひとりとりのこされてしまったとき、この叔母は、どんな思いを味わったのだろう……。」 「そこ。」」 「知りません。だから隣にある貸しビルの屋上に登って、誰もやってこないだろう立入禁止であるビルヘ跳び移って眠ったのだ。 「いや、それはちがうぞ。
(どうやら、その通りだったみたいだな) 誓約書に署名した五人の家令たちとともに、招待客らへの挨拶にまわりながら、ケアルは心の内で満足してうなずいた。踏み出した一歩は、同時に必殺の斬撃を繰り出す為の踏み込みとなる。」 イアヌがアスラの馬の轡《くつわ》をとると、ぐいっとまえにひっぱった。あんたは昨日の夜も俺を殺せなかった。おおくの国ぐにを旅するうちに、バルサは、それぞれの国で、死後、魂がどこへいくのか、みんなちがうことを信じているのをみききしてきた。二|階《かい》にたどりつくと、板戸《いたど》をたたいて、カンバル語《ご》で、おとないを告《つ》げている。 杏子は、研究室に足を踏《ふ》み入れる。だから、おれの個人保証一つで、どうにでもなったんだ。」 そのときのことを思いだしているのだろう。本当にそうだったか?
[#改ページ] 4生命をあずかるとき タルサン王子を監禁している岩牢の番兵たちは、あとすこしで夜明けという時刻に、石段をおりてくる複数の足音をきいて身がまえた。おれの体の、どこもかしこも喘《あえ》ぎながら、触《さわ》ってたくせに……) 健太郎が内心、そう思っただけで答えないでいると、立ったままだった朱鷺子が再び近づいてきて跼《かが》み、健太郎に夜具をかけてやりながら、 「ごめんなさい、起こしちゃって。 人間は救いきれぬ。 しかし、この地方に氷河などあるわけが……」 「当然だ。」 ユグノは、身体の力をぬいた自然体で立ち、目をとじた。知ってた? 「いつか……話せるときがきたら、あたしにも説明してくれる?錬金術師にも種類があるんだ」 「種類ではなく派閥ですね。 問題は殺人事件ですよ」 「しかし、おれは本当に何もしていない。 九月第四週の金曜日——葉山がタクシーを飛ばして、文京区湯島のある料亭にむかったのは、事件を外濠から攻めてゆくための方策を打ち込む、ある戦略のためであった。
淡々とした口調とは裏腹に、その勢いは殺しかねない激しさだった。〈花〉を受粉しみのらせてくれる〈夢〉たちをさそう、甘い風におなり……って。緊張《きんちょう》した筋肉と骨にぶつかったせいか、貫通《かんつう》していない。では、大久保尚子さん。だが、扉のむこう側には、ぼんやりと思いえがいていたより、はるかに複雑《ふくざつ》で底《そこ》のみえぬなにかがうごめいているらしい。 「閣下、そのような些末なこと、コンタリーニを見つけ出して本人に訊けば済むことではありませんか」 立ちあがったオルセオロは、その場でせわしなく首を振った。どうしてあの倉庫《そうこ》にいたの?――波にもまれながら、心がもとめる輝きを、ずっと追っていけるだろうか……。 「裕生が来るまではなるべくカゲヌシは呼ぶんじゃねえぞ。」 シハナの言葉に、アスラは、ぽつんとこたえた。
いつきが、眉をひそめる。 6 (このこと、だったんだ) 腹のあたりを押さえながら、天明《てんめい》がゆっくりと仰向《あおむ》けに倒れていった。シュガなら、ひそかにトロガイ師にあうことができる。けがをしている仲間《なかま》を、たすけるのがさきだろうが。 葉は痛みに顔をゆがめたが、悲鳴だけはこらえた 「ねえ黒桐さん。 「叔母さん、この施療院には、患者が泊まる部屋があるんですか?おれはいっきに息子と娘をもつ身になってしまったんだ」 嬉しげに報告したケアルにしかし、老家令たちの反応は鈍《にぶ》かった。――その人になりきって、その人がとるであろう行動をたどっていくのである。」 髭面《ひげづら》の男が明るい声でいった……ダレカを、傷つけるだけのモノに。
ほら、それなら死体なんか残らないでしょう。ほう。」 「そうか。そうだとすれば、隆鼻術とは大違いに、その豊胸手術とやらは婆さんにおいて世にも|稀《まれ》なる成功の一例を示しているといわなければならない。ミラノの宮廷に出入りしている人間で、左利きの楽師は、彼女を含めて二人しか[#「二人しか」に傍点]いない。多分《たぶん》、そういうことなのだろうと思う。 「ぼくももう飯倉《いいくら》先輩《せんぱい》みたいな人を出したくないんだ」 葉はなにも言えなくなった——それは彼女と同じ思いだったからだ。私をすてて、走りたいほどのいい女なんですか? 」 「どうも失敬しました。わざわざ学校をサボってここへ来るとも思えない。
表示ラベル: