收藏

グッチ 長財布 アウトレット編集

【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり
__2,278 - 3,88000
【ノーブランド】秋色 ワンピース レディース バルーン 切り替え ゆったり 
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ
__1,491 - 1,58400
エナメル キルティング 長財布 ラウンドファスナー レディース 財布 クラッチタイプ 
授乳服 レース チュニック ノースリーブ フリーサイズ
__1,390 - 1,79000
授乳服 レース チュニック ノースリーブ フリーサイズ 
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ
__1,580 - 2,48000
悩殺 秒殺 セクシー コスプレ 
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖
__1,579 - 3,00000
【ノーブランド】シンプル ニット メンズ セーター 長袖 
手元 を 明るく 28 灯 LED クリップ ライト USB 乾電池 両用 タイプ ( ホワイト )
__2,38000
手元 を 明るく 28 灯 LED クリップ ライト USB 乾電池 両用 タイプ ( ホワイト ) 
「お前には関係ねえ。とにかく、今すぐ家帰れ。いいな」 『そんな……』  実のところ、雄一《ゆういち》は身を切られるほど辛《つら》かった。彼にとって「女性」というのは夕紀《ゆき》のことで、唯一無二の女神のような存在である。こんな冷たい言い方をしたくはなかったが、裕生《ひろお》たちに加えて彼女まで危険にさらすわけにはいかない。 「妹のことは心配すんな。俺《おれ》が体張ってでもどうにかすっから」 『なにか大変なことが起こってるんでしょう? どういうことなのかちゃんと説明して』 「悪ィんだけど、説明は出来ねえな……とにかく、俺に任せとけ」  雄一は電話を切った。むろん、その後も何度か電話はかかってきたが、同じ態度で乗り切った。 『みちるが無事でも、あなたが危なかったらなにもならないでしょう!』  しまいには彼女はそう叫んだが、雄一はなにも言い返さなかった——彼にとって自分の身の危険は大した問題ではなかった。裕生にカゲヌシのことを打ち明けられてから、真っ先に危険にさらされるべきなのは自分であると考えてきた。だから、裕生がなにも言わずに新宿《しんじゅく》へ行き、あと一歩で死にかけたことが悔しくて仕方がなかった。  自分がまわりの役に立てばそれでいい。自分をそういう人間だと思ってきた。 (万が一、死んだとしてもだ)  はっきりと口にしなかったものの、雄一は誰《だれ》かを守るために死ぬことを覚悟していた。もちろん、雄一の周囲にいる人間は、誰一人として彼が自分のために危険な目に遭うことを望んではいないだろう。しかし、なにを望まれているかはもう大した問題ではない。あのリグル・リグルと戦った晩に、もう決心はついていた。自分の強さを常に自分以外の誰かのために使うというのが、彼の強固な信念だった。  葉《よう》はまだ手帳になにかを書き込んでいる。  雄一はちらりとそれを横目で見てから、自分の不安の原因について考え始めた。もし、自分が蔵前《くらまえ》だとしたらどうやってここまで移動するだろうか。通常の交通手段は使えないが、かといってカゲヌシを使って移動するはずはない。加賀見《かがみ》で裕生たちを殺さなければならない以上、戦うまではアブサロム・ドッグヘッドを封印するはずだ。 (なんか別の移動手段を使ってくる)  自動車でも鉄道でもない、別の方法。  ふと、雄一は東の空を凝視《ぎょうし》する。小さな点のようなものがきらりと光った。同時にばらばらと規則正しく繰り返される駆動音も聞きつけていた。その光は異様な低空を保ちながら、自分たちに向かってまっすぐに飛んできていた。  それはヘリコプターだった。それが近づくにつれて、雄一《ゆういち》の直感は確信《かくしん》に変わった。雄一たちのいる学校の上空を旋回《せんかい》し始める。明らかに消防用のヘリで、赤い機体にははっきりと「東京消防庁」の文字が見える。
表示ラベル: