どのように加盟グッチ がま口 長財布,グッチ キーケース_「グッチ がま口 長財布」_グッチ がま口 長財布公式サイト outlet!


2015-01-27 23:57    グッチ がま口 長財布
 ケアルが訊ねると、マリナは「もちろん」とうなずいた。 「ほんとうは別の件で、料理番に注意しててちょうだいって頼んでたのだけど……。でも間に合ったみたいで良かったわ」 「それで、料理番はなんと?」 「家令が三人ほど厨房にやって来て、なにかやっているようです、って。だからわたくし、急いで厨房に向かいましたの。わたくしが行ったときには、ちょうどその方が——」  言いながらマリナは、目の前に立つ家令をしめしてみせる。 「厨房を出て行くところでしたわ」 「そのあときみは厨房に入って、薬草を見つけたんだね?」 「ええ、そうよ。もしかしたらあなたが、と思って——あわてて走って来たのよ」  そうだったのか、とケアルはうなずいた。マリナはケアルが毒殺されるのを恐れて、料理番に注意をあたえていたのだ。なぜケアルが毒殺される可能性があると、彼女が考えたのかは不明ではあるが。 「きみには別室で、詳しい話を聞かせてもらう必要がありそうだな」  ケアルの言葉に、家令は大きく目をみひらいた。 「な……っ、なにを根拠に……! 若領主はわたしよりも、デルマリナの女の言葉をお信じになるのですか! わたしはもう、二十年も家令としてライス領主にお仕えしているのですぞ! そもそもこの女に、薬草の知識などあるはずがないではありませんか!」  わめき散らす家令を、ケアルは静かな目で見つめた。マリナの父ピアズ・ダイクンは、薬草の商いで事業を拡大させた。好奇心旺盛で家業に興味をしめす娘に、父親は薬草の知識を語って聞かせたという。ゆえにマリナはおそらく、ハイランドでは医師たちに負けぬほど薬草には詳しいのだ。 「——残念だ。きみにそう言わせてしまうのはきっと、おれの領主としての資質に問題があるんだろう。きみが�デルマリナの女�と呼んだ彼女は、おれの妻だからね」  家令ははっとした表情で、あるじの顔を見返した。ケアルはその視線に気づかぬふりをして、マリナへ目を向けた。 「マリナ。料理番は、厨房に集まった家令たちの顔を覚えているだろうか?」 「ええ、だいじょうぶよ。名前もわかると言っていたわ」 「では、料理番に訊ねよう。おそらくかれらは、この男が口を割ることを恐れて、その前に毒殺してしまおうと考えたんだろう」