グッ チバ ッグ 激安価格のいくら,グッ チバ ッグ 修理|グッ チバ ッグ 激安価格/写真/評価/どう/いくら|グッ チバ ッグ 激安どのブランドの良い outlet!


2015-01-27 23:17    グッ チバ ッグ 激安
 やっぱり、太郎を連れ出して見たかった。幼年の日の山と川を、親子二人して歩いてみたかった。私は、行衛の知れぬ自分の心の来源を確めたい。櫨《はぜ》と、小松と、清流の上にかぶさる竹藪と、なだらかな雑木の丘陵を、夢のように朧《おぼ》ろな、昔の追憶の篩《ふる》いで洗ってみたい。  いたく拡散して終った我身の人生を、しばらく幼年の山河の中にひきしぼってみたかった。私の生命の芽生えの日と瓜《うり》二つのような太郎が、私の来源の姿をそのままに繰り返しもし、教えてもくれるだろう。動顛したこの日頃の私の心を、昔の発端の心に重ねたい。  私は太郎の手を取って、静かに川岸を上っていった。  鶺鴒《せきれい》が一羽、流れの向うの白い磧《かわら》の上に渡っている。尾羽の行動が尖鋭《せんえい》に、せせらぎのほとりの空気を顫《ふる》わしつづけていた。 「ほら、あれ」  と、私は太郎に指さして見せている。確認したようだった。歓喜が太郎の眼にきらめき上るのである。 「あれ、なーん? なん、ポッポ?」 「石叩き、たい。石をお尻で叩くでしょう。ほら、ほら、ほうら」  小鳥の尾の行動につれて、太郎の尻を叩いてみせる。太郎はうんうんと肯いてしきりに嬉しそうだった。私に抱きすくめられたい様子である。私はようやくなついてきた太郎を、自分の手にしっかりと抱えあげてみた。  何という軽い子だ。私の手の中に消えていって終いそうではないか、と切ないが、知らずして昨夜の腕の中の女に比べていたことに気がついた。私は太郎をおろして流れの淵《ふち》に、薄い石を、投げてくぐらせて見せるのである。  太郎はよちよちと前になり後になり、いちいち叢《くさむら》の中に苺の在所をたずねている。その都度、嬉しそうに顔を挙げて私を呼ぼうとするが、その呼名を知らないふうだった。もどかしく、いや、悲しそうな様子である。 「ほら、ね。ほら。イチゴ」  叢の中から声を挙げ、相変らず手の中に握りつぶして、くしゃくしゃにもまれた奴を、私の口の中に入れたがる。 「酸っぱい、酸っぱいね」  鼻の上に殊更の皺《しわ》を寄せて見せてやると、一途によろこぶのである。 「スッパイ? スッパイ?」  自分でも同じように大仰に眼の辺りに皺を寄せて、酸味の感覚を、表現で伝え得ることに満悦している。