シャネルキーケース定価棚浚え全て,シャネル財布マトラッセラウンドファスナー_「最新」 どんな種類のシャネルキーケース定価いい outlet!


2015-01-27 23:27    シャネルキーケース定価
 水兵も下士官も、一様にそう思った。  が、艦長に代わって、金髪の若い士官が一同の前に現れた。岩吉たち三人は、その士官を知っていた。サンドイッチ諸島のブラウン牧師宅での晩餐会《ばんさんかい》で同席した士官だったからだ。この士官は、岩吉の描いて見せた絵に驚いて、 「ベリ ナイス ベリ ナイス」  と、幾度もほめ、 「わたしの従弟《いとこ》にも絵のうまい男がいるが、それよりも更《さら》に岩吉はうまい」  と、手放しでほめた。絵のうまいことが、こんなにも尊敬の念をもって見られるとは、思っても見ないことだった。あの後、岩吉は幾度かこの士官から私物のジャムやバターを与えられた。士官の名はマッカーデーと言った。  士官マッカーデーは、水兵たちに向かって言った。 「この船の近くに、ファンフェルナンデス諸島がある。君たちはその島を知っているね」  何人かがうなずいたが、他の水兵たちはマッカーデーが何を言おうとしているのか、疑い深い顔で見つめていた。 「そうか、その島の名を知らない者でも、ロビンソン・クルーソーの名を知らない者はあるまい」  水兵たちの中にざわめきが起こった。      四  岩吉をはじめ、久吉、音吉も士官マッカーデーの話に耳を傾けた。三人はむろん、ロビンソン・クルーソーの名は知らなかった。水兵たちの中にも、三人と同様に、この名を知らない者が何割かはいた。  ロビンソン・クルーソーは一七一九年イギリスにおいて出版された漂流記の主人公である。ロビンソン・クルーソーは、二十四年間無人島に生活していた。話し相手はオームしかなかった。後に、フライデーと呼ばれる黒人が漂着するまで、ロビンソン・クルーソーの話し相手は鳥だったのだ。  この物語は、ダニエル・デフォーによって書かれた。題名は、一度では覚えられないほど長い題である。即《すなわ》ち「ヨーク市の船乗りロビンソン・クルーソーの生涯とふしぎな驚くべき冒険」という題だった。この本がイギリスで出版されるや、たちまち大きな評判となった。そして数か国語に翻訳《ほんやく》されたほどだから、イギリスに育った者たちのほとんどが、このロビンソン・クルーソーの名は知っていた。しかし、それほどに有名なその名を知らずに育った者たちが、水兵たちの中に何割かいたのである。親から物語を聞かされるような、そんな境遇とは程《ほど》遠い所で育った者たちであった。そのことを踏まえて、士官マッカーデーは、ロビンソン・クルーソーの物語を語りはじめた。 「これは、本当にあった物語なんだ」