收藏

ミュウミュウエナメル汚れ編集

【Tiara】 暖か ムートン シューズ 軽量 ブーツ おじ靴
__3,980 - 4,28000
【Tiara】 暖か ムートン シューズ 軽量 ブーツ おじ靴 
【エーエイチ】 AH 登山 サイクリング スポーツ アウトドア リュック 旅行 通勤 通学 大容量 軽量
__3,78000
【エーエイチ】 AH 登山 サイクリング スポーツ アウトドア リュック 旅行 通勤 通学 大容量 軽量 
(リワード) REWARD 長財布 レディース カメリア 型押し エナメル ラウンドファスナー エンボス バラ 薔薇 ウォレット
__5,25000
(リワード) REWARD 長財布 レディース カメリア 型押し エナメル ラウンドファスナー エンボス バラ 薔薇 ウォレット 
[ミュウミュウ] MiuMiu リボン&フリル アイパッドカバーケース ipad パテントレザー ボルドー(AMARENA) [並行輸入品]
__26,73000
[ミュウミュウ] MiuMiu リボン&フリル アイパッドカバーケース ipad パテントレザー ボルドー(AMARENA) [並行輸入品] 
【エーエイチ】 AH ナチュラル マリン ボーダー キャンバス 生地 リュック バック パック
__1,99000
【エーエイチ】 AH ナチュラル マリン ボーダー キャンバス 生地 リュック バック パック 
かわいい お魚 くわえた 猫 ハンドバッグ 手提げ鞄 キャンパス 帆布 ファスナー式 選べる8カラー
__1,82000
かわいい お魚 くわえた 猫 ハンドバッグ 手提げ鞄 キャンパス 帆布 ファスナー式 選べる8カラー 
「……やれやれだぜ……と言う場面なのかな」  人付き合いの難儀《なんぎ》に凝《こ》った肩《かた》を大きく回し、息を吐《は》いた。  そして文化委員という大層な名称《めいしょう》を掲《かか》げる実質図書委員会の議論を横目で一瞥《いちぺつ》してから、肩で風を薙《な》ぐ枇杷島の背中を追った。  追いつけない程度に歩こう、と決めながら。  これは、時に論議しぶつかり合い、時に戦いの刃《やいば》を向けて衝突《しょうとつ》しながら、美化委員としての在り方を追い求めた少年少女の物語である。  などと嘘っぱちの誇大広告《こだいこうこく》で孤独《こどく》に煽《あお》りながら、枇杷島が開けた教室の戸を僕もくぐると、既《すで》に委員の七割は着席していた。ただ、委員長と副委員長のバカップルの姿がまだ、朽《く》ちかけている教壇《きょうだん》にない為《ため》、各自で組み合わせを作成し、談話に勤《いそ》しんでいる。埃《ほこり》が蔓延《まんえん》し、暗色のカーテンが不格好に窓《まど》の端《はし》を覆《おお》う室内は、不良が喫煙室《きつえんしつ》として使用出来そうな、不健全と退廃《たいはい》の肌触《はだざわ》りに満ちていた。  教室に一歩踏《ふ》み込むと、視線が前方の広範囲《こうはんい》から収束してくる。その、学校という環境《かんきょう》では通過儀礼《つうかぎれい》みたいに訪《おとず》れる感覚が僕は好きになれない。部屋に出入りする度《たび》、薄膜《うすまく》を肌《はだ》に付着させる必要があるみたいで、どうも駄目《だめ》だ。  頬《ほお》を掻《か》きながら教壇の前を通過し、三列に並べられた机の中央、前から二番目の席に座る。机は二つ隣接《りんせつ》されていて、僕の隣《となり》には枇杷島《びわしま》が腰《こし》かけて、頬杖《ほおづえ》をついている。規則ではないけど、クラスごとに整理|整頓《せいとん》を心がけて席順を決定するのが、美化委員の勤めである。どうでもいいけど。  僕が椅子《す》を引くと枇杷島は一瞥《いちべつ》し、尻《しり》を下ろせばそっぽを向いた。分かりやすく怒《おこ》っている。先程《さきほど》のやり取りは、尾を引くどころか腹身の脂《あぶら》が乗っている状態だ。うむ、意味不明。  周囲の歓談《かんだん》から身を潜《ひそ》めるように、僕らは言論|封殺《ふうさつ》して黒板と向き合い、時間を潰《つぶ》した。  そして委員長とそのつがいが遅刻《ちこく》気味に現れたのは、十分ほど経《た》ってからだった。 「いや、悪い悪い。こいつを貰《もら》うのに手間がかかってね」  鼻の穴から『爽《さわ》やか』という文字が印刷されてきそうなぐらい、飛び出せ青春な笑顔《えがお》で右手の戦利品を見せびらかす委員長。彼女である副委員長から渡《わた》された、パイナップルジャンケンのチョキで勝利した際の品であることは二人の様子から理解できるが、授与式《じゅよしき》でも開いてたのかこいつらは。ほら見ろ、枇杷島も眉間《みけん》に皺《しわ》を寄せ、きつく目を閉じているじゃないか。これは僕の所為《せい》かも知れないけどな。  僕らの感慨《かんがい》を無視した足取りで、委員長である宗田義人《そうだよしひと》が教壇に上がり、副委員長である一宮河名《いちみうあかわな》が隣に付き従うように立つ。一宮は、埃と酸素を同時に吸い込む環境を毛嫌《けぎら》いするように、口元を小さなタオルで覆っている。  そんな一宮河名を赤の他人の主観で評すれば、淑女《しゅくじょ》と貴婦人を合体させて分離《ぶんり》に失敗した女性。六年前はお嬢様《じょうさま》な小学生として衆目《しゅうもく》に留まり、二十年後は河名の部屋とか創設しそうだ。  義人の方は、清涼《せいりょう》である容姿が女子に大人気である。以上、解説終了《しゅうりょう》。後は昔々、小学校三年生あたりまでは僕と集団登校する仲だった。今は、下駄箱《げたばこ》で挨拶《あいさつ》も交《か》わさない。
表示ラベル: