激安グッチ長財布よく売れる gucci インプリメ バッグ 激安グッチ長財布よく売れる,激安グッチ長財布のどの製品です outlet!


2015-01-27 23:52    激安グッチ長財布
 二月まで純白だった雪景色が、次第にうす汚れてきた。降る雪より、融ける雪が多くなった。道端に積もっている雪が融け始めて、かんざしのような小さな氷柱《つらら》を垂らした。真昼間、軒先に立っていると、雪の中で不意にかすかな音が立つ。小さなかんざしの崩れ落ちる音である。毎年聞くこのかすかな音が、なぜか私を淋《さび》しくさせる。雪が降り、雪が融け、煙突の煤《すす》が降り、また雪が覆う。こうして春の雪は、バームクーヘンのような断層を見せる。あたたかい日には、雪どけ水が轍《わだち》にたまり、子供たちはその中を、ざぼざぼと歩く。雪どけ水を下水溝に導くために、少し大きな子供たちは、鉞《まさかり》やスコップで轍の氷を崩す。水路がつくと水がおもしろいようにひけてゆく。そして、引いたあとに、懐かしい土や石ころが顔を出す。その喜びは、何ものにも代え難く、三月の雪割りは、親の手伝いでありながら、一つの遊びでもあった。  合格が決まった時、私はそんな光景のあちこちに見られる雪どけ道を歩いて、祖母の家に行った。祖母は、息子とその妻、そして末の娘の四人暮らしだった。 「ばあちゃん、綾子、合格したよ」  顔を見るなり、私は祖母に言った。私の祖父母は、当然父方と母方と四人いたはずだが、私が生まれた時には、母方のこの祖母しか生きていなかった。私の幼い時から、一カ月の三分の二はわが家に来て手伝っていたこの祖母に、童話を聞いて私は育った。もう女学校に入るといっても、祖母の前に出ると、五つ六つの心地になった。 「そうかい、そうかい、よかったねえ」  祖母は手を取らんばかりにして、私を家の中に入れ、じっと私の顔を見て言った。 「よかったねえ。ばっちゃんも、ほんとうに学校に行きたかったんだよ。ばっちゃんの分まで勉強してね」  私は、祖母が貧しい家に生まれて、学校に行けなかった話を思い出した。祖母は本当に勉強をしたかったらしい。夫を早くに失い、六人の息子娘を、女手一つで育て上げた。とても中等学校に子供を上げる余力はなかったはずだが、息子の一人を師範学校の専攻科まで出し、末娘は庁立高女を卒業させていた。私が、 「うん、がんばるよ」  と答えると、祖母は満足げにうなずいた。が、ちょっと顔を引きしめて、 「堀田の父さんも、大変だねえ」  と、呟《つぶや》いた。兄三人はすでに中等学校を卒《お》えたが、今年から姉と私の二人に授業料がかかり、更に弟三人妹一人が控えている。が、その大変さがわからぬ私は、その祖母の言葉の重みを正確に受けとめることは出来なかった。  ちょうどそこへ、デパートの店員をしているミヨ子叔母が、街から帰って来た。店は休みだったらしい。 「綾ちゃん、おめでとう。ちょうどよかったわ。叔母さんね、綾ちゃんに入学祝いを買っておいたのよ」  と、四角い包みを差し出した。私はこの叔母が大好きだった。片親で育ったが、叔母は天性明るかった。会うと、いつもユーモラスな言葉で、私たちを笑わせた。しかも叔母は、行き交う男がみなふり返るほど美しかった。頭にいつも花のかんざしをつけていて、和服姿が実になよやかだった。祭りの日など、この叔母の袂《たもと》をしっかりと握って、夜遅くまで歩いたものだった。美しい叔母と歩くのが誇らしかったのだ。  叔母からの贈物は、赤《あか》白《しろ》斑《まだら》模《も》様《よう》の、セルロイドの裁縫箱だった。喜んでそれを抱えて帰る時、祖母が言った。 「女学校に行けない人は、何人いるの?」  祖母は、喜ぶ私の姿に、進学しない子供たちを思いやっていたのだろう。