gucci 財布新作製品,gucci マフラー激安|規格品gucci 財布新作通販、 gucci 財布新作専売 outlet!


2015-01-27 22:58    gucci 財布新作
「お前たちが河村と仲がよかったことは知つているよ……」  矢部は、静かな口調で言った。 「あたしは音楽のことはよくわからないが、音楽で喰《く》っていこうってくらいだから、河村って奴《やつ》は才能があったんだろう?」  恭介は、うなずく。雅人の才能、それだけは白信を持って断言できた。なぜなら、恭介自身、彼の才能によって救われた一人だからだ。  矢部は続ける。 「その才能ってのは、お前たちが箇単に真似《まね》できる程度のものなのか?」 「………」  恭介は何も言い返すことができなかった。彼女の言葉が、恭介に重くのしかかる。  自分が何の取り柄《え》もないごく普通の人間であること。皮肉にも、誰《だれ》よりも尊敬する河村雅人の存在によって、恭介はその事実を思い知らされたのだった。 「まあいいさ……」  すっかり黙《だま》り込んでしまった恭介を気遣《きづか》ったのか、矢部が軽い口調で言った。 「進路希望は、来週の月曜まで待ってやるよ。それまでゆっくりと考えな。できれば、お姉さんにも相談してな」  恭介《きようすけ》は、黙《だま》って矢部《やベ》に頭を下げると、バイプ椅子《いす》をひいて立ち上がった。  そのまま職員室を出ていこうとする。そのとき、恭介の進路を塞《ふさ》ぐように通路に立った人影があった。 「緋村《ひむら》恭介くん……ですね?」  流暢《りゆうちよう》な日本語でそう言ったのは、さっき見たAETのリチャード・ロウ氏だ。  歳《とし》は二八、九といったところだろうか。細身《ほそみ》だが、一七八センチの恭介よりも頭一つ背が高い。|縁なし《リムレス》の眼鏡をかけて、品のいいスーツを着こなしている。  AETというのは県の教育委員会から派遣《はけん》されてくる教師なので、常に高城《たかじよう》学園にいるわけではない。実際、目の前のアッシュ・ブロンドの男性は、恭介の知らない顔だった。自分の名前が相手に知られていることを、恭介は不思議に思いながらぎこちなくうなずく。