收藏

プラダ長財布メンズ編集

(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品]
__58,01000
(サンローランパリ)SAINT LAURENT PARIS ラウンドファスナー長財布 344076-GIT1J-1059 [並行輸入品] 
(コーチ) COACH コーチ キーリング アウトレット COACH F92959 B4/C6 オプアート パヴェ キーフォブ/キーホルダー ゴールド[並行輸入品]
__3,48000
(コーチ) COACH コーチ キーリング アウトレット COACH F92959 B4/C6 オプアート パヴェ キーフォブ/キーホルダー ゴールド[並行輸入品] 
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】
__null00
[プラダ] PRADA 財布 長財布 1M0506 ラウンドファスナー ブラック 【並行輸入品】 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品]
__69,93000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 SAF ORO NERO1/QHH F0632 ラウンドファスナー ロゴプレート 型押しレザー ブラック [並行輸入品] 
(プラダ)PRADA 長財布  1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品]
__52,00000
(プラダ)PRADA 長財布 1M0506 UZF/QWA F0002/SAFFIANO METAL NERO ラウンドファスナー 型押しレザー ブラック[並行輸入品] 
(サント オム) SANTO HOMME 財布 長財布 開運財布 フクロウ 梟 縁起 開運財布 風水 金運アップ 開運 選べる金護符カード付きラウンドジップ ラウンドファスナー【COLUMBUS(コロンブス) エチケット...
__4,98000
(サント オム) SANTO HOMME 財布 長財布 開運財布 フクロウ 梟 縁起 開運財布 風水 金運アップ 開運 選べる金護符カード付きラウンドジップ ラウンドファスナー【COLUMBUS(コロンブス) エチケット... 
 これは『菩薩本生鬘《まん》論』にある「シビ王と鷹」の物語で「生命の重さ」という説話である。  Hさんはこの説話を反《はん》芻《すう》するたびに、心底からの身震いを覚える。自らが執行官となって直接手を汚し、命を断った死刑囚。  直接手を下しはしなかったが、執行に立ち会い、執行に関わった死刑囚の数。そのひとつびとつの命を思うと、深い深い罪の意識に責められる。  罪の意識というより、逃れようのない恐ろしさに襲われるのだ。 「死刑囚はみんな、最後に行くときはわれわれに感謝の言葉を残していくんです。あの世に行ったら被害者にお詫《わ》びします、と必ず言って行きます」  ところが、Hさんは不安になる。自分が死んでからあの世に行って、はたして自分の手にかけた死刑囚たちに詫びる言葉が見つかるだろうか、と。  長い刑務官生活だったが、執行に携わっていた何年間かの衝撃的な印象ばかりが大きく重く残っている。まるで三十年あまりを死刑の執行ばかりに明け暮れていたような、そんな苦い思いに押し潰《つぶ》されそうになることが多い。 「こういうのを、老人性の鬱《うつ》病《びよう》っていうんですかねえ」  Hさんが死刑執行に関わったのは大阪拘置所である。退職後十年と少しが過ぎた。推定年齢は七十歳にまだすこし間があると思える。けれども、実際の年齢をはるか越えた、老い尽くしたような印象であった。  Hさんには、以前死刑囚教《きよう》誨《かい》師《し》を務めていた宗教家の紹介で会うことができた。この元教誨師は仏教のある宗派のお寺の住職である。Hさんとはこの住職のお寺で、元教誨師も同席という会見であった。一対一ではない会見というのははじめてのことだった。  第三者がいるために、思うように話が聞きだせないのではないかという懸念もないではなかった。しかし、訪ねる先がお寺というのはありがたかった。Hさんに会うまでに会った元刑務官の人は一人をのぞいてみんな、なぜか「自宅に来られては困る」「自分の住んでいる町では会いたくない」といった。公園、神社、駅のホームのベンチ、駅の待合室といったような場所も多かった。  夏の盛りや、残暑のきびしい時期の屋外での会見は、こちらもつらかったし、相手の方はなにしろ年輩者が多かったので心配でもあった。  その点、お寺なら安心である。元教誨師の配慮に感謝しなくてはならない。   話すことも供養  そのお寺は新幹線新大阪駅から私鉄電車に乗り替えて一時間ちかく行ったところにあった。かなり郊外に出たという感じのローカル風景を予想して行ったが、実際はそうそうのどかな景色というわけにはいかない。東京に次ぐ大都市だけに、いずこも住宅が建てこみ、人間の生活があふれている。  訪ねるお寺も、予想を大きく裏切って、思いがけないほど小ぢんまりとしたものであった。山門を入るとすぐに受け付けがあり、お寺ではなんと呼んでいるのか知らないが、受け付けの横は椅《い》子《す》テーブルが置かれたロビーになっている。このロビーも手狭で、その左手奥が祭壇のある本堂になっているようだ。熱心な信者が多いのか、合唱のように多人数の読経が聞こえてきていた。香の漂う空気は、決して淀《よど》んでいるわけではないのだろうが、ちょっとむせ返るような圧迫を覚える。きっとこちらが宗教というものに無関心なせいだろう。  仏教のお寺の内部について勝手に、そして漠然と想像していたのが、見事くつがえされた気がして、少なからず驚いた。床には絨《じゆう》緞《たん》が敷いてあり、玄関で履物を脱ぐとスリッパの用意もある。奥で読経に熱中している信者の人たちはスリッパを履いているのかしらん? とくだらないことに興味がわいてくる。
表示ラベル: