買ってブランド長財布レディースランキングガイド_プラダ キーケース 新作_ブランド長財布レディースランキングスーツ_ブランド長財布レディースランキング実体店加盟 outlet!


2015-01-28 18:12    ブランド長財布レディースランキング
 湯川が赤井研究所の連中に連絡をとるのは必至だと思ったからだ。途中、カメラからフィルムを抜いて、顔見知りの四谷のDP屋に預け、新しいフィルムをカメラに|填《おさ》めた。  午後十一時の竹川ビルには、二階の玩具輸出商社の窓だけから灯が漏れていた。残業しているらしい。ビルの玄関のドアには鍵がかかってなかった。薄暗い廊下と階段を四階に登った。四階の事務室のドアを開いて暗い部屋に入った途端、乾いた金属音をたてて二丁の拳銃の撃鉄が起こされる音がした。 「動くとブッ放す!」  圧し殺した声がし、私の背に銃口がくいこんだ。幾つもの手が私の服を|撫《な》でまわす。しかし臑にくくりつけてズボンの裾で隠した愛銃ベレッタは発見されないで済んだ。 「よし、ハジキは持ってないようだ。所長のところに連れていこう」  年かさの男の声で、私は頭から麻袋を掛けられて、眼隠しされた。それから車に乗せられた。  車は一時半頃にとまった。私は拳銃を突きつけられて歩かされる。石段を降りさせられてから眼隠しを外された。  地下室であった。コンクリートの壁や天井の破れ目から水滴がしたたり落ちる。  そこには五人の男がいた。腕を組んで|嗜虐的《しぎゃくてき》な笑いを浮かべる五十男が所長の赤井らしい。 「さあ、何もかもしゃべれよ。ここは林のなかの一軒家だ。銃声はどこにも聞こえはしない」  所長は言った。 「しゃべれ!」  一人の若い男が、私の頬を拳銃で殴りつけた。私はよろけるふりをして尻餅をつき、立ち上がりながら臑のベレッタを抜いて発砲した。  銃声は地下室にこもって凄じく反響した。天井が割れそうな音だ。拳銃を持った右腕を射ちぬかれた男は、絶叫をあげて転げまわる。残りの男たちは反射的に両手をあげて喘いだ。 「邪魔者を全部片付けりゃ、俺の天下がくるわけだな」  私は所長に銃口を向けた。 「ま、待ってくれ! 別にデカイ仕事を計画中なんだ。あんたも仲間になってくれ!」  所長は呻いた。散々嚇かしてやってから、私は仲間に入ることを承知した。