買ってchanel スーパーコピーどのウェブサイトの良い|ブルガリ腕時計スーパーコピー chanel スーパーコピー通販_chanel スーパーコピーすべての製品 outlet!


2015-01-28 00:13    chanel スーパーコピー
 と庄九郎は、茶をのみながらいうにちがいない。 「その悪罵は、徳川時代の道学者がいっただけで、わしは同時代の者から悪罵はうけなかったよ」  読者は笑え。ここが、庄九郎的人間の特徴ともいうべきものである。庄九郎の同時代でも、人は「蝮」といってかげでは悪口をいったが、庄九郎の耳には入らない。人の悪口が、耳に入らないたち《・・》の人間なのである。すくなくとも、人が悪口をいっている、などとカンぐったり気にしたり神経を病んだりしないた《・》ち《・》の人間なのである。  だからこそ、気にしない。  見えざる人の悪罵をあれこれと気にやむような男なら、行動が萎《な》える。とても庄九郎のような野ぶとい行動はできない。この男の考え方、行動が竹でいえば孟宗竹《もうそうちく》のようにいかにもふとぶとしい《・・・・・・》のは、心の耳のぐあいが鈍感になっているからであろう。革命家という、旧秩序の否定者は、大なり小なり、こういう性格の男らしい。  ところで雑談のついでに、この物語の前途を思いきって話してしまおう。  要するにこの物語は、かいこ《・・・》がまゆ《・・》をつくってやがて蛾《が》になってゆくように庄九郎が斎藤道三《どうさん》になってゆく物語だが、斎藤道三一代では国《くに》盗《と》りという大仕事はおわらない。道三の主題と方法は、ふたりの「弟子」にひきつがれる。  弟子というのは語弊があるかもしれないがどこからみてもあきらかに弟子だから、あえて弟子という。  道三が、娘をもつ。その娘の婿《むこ》になるのが織田信長である。信長と道三の交情というのは濃《こま》やかなもので、道三がもっている新時代へのあこがれ、独創性、権謀術数、経済政策、戦争の仕方など世を覆《くつがえ》してあたらしい世をつくってゆくすべてのものを、信長なりに吸収した。  さらに、道三には、妻に甥《おい》がいる。これが道三に私淑し、相弟子の信長とおなじようなものを吸収した。しかし吸収の仕方がちがっていた。信長は道三のもっている先例を無視した独創性を学んだが、このいま一人の弟子は、道三のもつ古典的教養にあこがれ、その色あいのなかで「道三学」を身につけた。この弟子が、明《あけ》智《ち》光秀である。  歴史は、劇的であるといっていい。  なぜならば、この相弟子がのちに主従となり、さらにのちには本能寺で相《あい》搏《う》つことになるのである。  本能寺の変は、道三の相弟子同士の戦いである。  南蛮文化を好み、ツバビロの帽子、マントという姿で都大路を馬上で往《ゆ》き、安《あ》土《づち》でオペラを観《み》たという信長は新しい物《もの》数寄《ずき》の、それとは正反対の教養をもち、連歌などを好んだ古典派の物数寄の明智光秀に殺された。  光秀は叛逆者《はんぎゃくしゃ》であるという。  いや、光秀にいわせればそうではなかったであろう。かれは「道三流の革命」を実践したにすぎなかったのである。 「ちょっと待った」