オンライングッチ 長財布 メンズ専門はどうですか_シャネルブランドコピースーツデザイン 二つ折り長財布 カーフ パールホワイト A48688 グッチ 長財布 メンズ棚浚え全て_どのように加盟グッチ 長財布 メンズ outlet!


2015-01-28 00:03    グッチ 長財布 メンズ
 浅見は手を挙げて、不思議そうな目をする優美を、優しく宥《なだ》めるように頷《うなず》いてみせた。優美がつらいのと同じ程度に、聞いている浅見がつらくなる。 「それで、あなたはそのもう一人の男のことを聞かなかったのですね?」 「ええ、あのひとが言おうとしても、耳を押さえて、逃げ出して、聞かないようにしたのです。だって、あのひとは私に、『おまえにはそいつから金を貰《もら》う権利がある』って言って、協力しろって……」 「やはりそうでしたか」  橋爪に話した推測が裏打ちされて、浅見はむしろほっとしたように頷いた。 「そんな汚らわしいこと、耳にするだけでも翼さんに悪いと思ったんです。でも、それは大島さんのことではなかったのかも……」 「そうですよ、だから僕がそう言ったでしょう」 「ええ、でも、浅見さんから血液型のことを聞くまでは、大島さんだとばかり思い込んでいました。だから、翼さんのことを考えて、むしょうに悲しくて、腹が立って……いまになって冷静になって考えれば、あのひとは『そいつから金を貰う』って言ったのに、その時は大島さんが亡くなっていることに、ちっとも気がつかなかったのですよね」  自分の愚かな錯覚を悔やむように、優美は唇を噛《か》みしめ、頬を歪《ゆが》めた。もっとも、「錯覚」は彼女だけのことではないのだ。橋爪もまた、優美の父親を久藤だと思い込んでいた。だが、脇本伸夫が優美の真の父親を恐喝しようとしたのなら、とっくに死んでいる久藤を相手にする筈《はず》はなかった。 「たぶん」と浅見は言った。 「脇本さんは、あなたからの電話で大島さんが亡くなった——それも疑わしい死に方をしたと聞いて、大島さんがもう一人の男に殺されたに違いないと憶測したのですよ。そして、その男を脅すことを考えついて、早速、電話をかけるか何かして、恐喝を始めたのでしょうね」 「だけど、その男はなぜ大島さんを殺さなければならなかったのですか?」 「それは……詳しいことは後で言いますが、おそらく、その男の旧悪を大島さんが知っていて、暴露される危険を感じたためだと思います。翼さんのところで聞いたあの録音テープが、その証拠でしょう」 「じゃあ、父も……あのひとも、その男の旧悪を知っていたのですか? その男を恐喝したのは、私のことだけじゃなかったっていうことですか?」 「まず間違いありません。あなたのことで脅されたぐらいでは、そんなに過激な行動に走るはずはありませんよ。脇本さんは大島さん殺しの疑惑をぶつけたに違いない。だから、その男はすぐに反応して、脇本さんを付け狙《ねら》い、おそらく宇都宮から尾行してここまで来て、お宅からの帰り道、平塚神社の境内に誘い込んで凶行に及んだのです」  優美は肩をすくめ、寒そうに震えた。彼女が追って行った、ほんの少し先のところで、脇本は冷酷な怪物の犠牲になったのだ。 「どうしたらいいのでしょう?」  優美は自分の肩を抱きしめるようにして、オズオズと訊いた。