新作グッチ長財布どのタイプがいい|グッチ財布レディース新作 新作グッチ長財布公式サイトは規格品か,新作グッチ長財布製品合格か outlet!


2015-01-28 17:46    新作グッチ長財布
 うなずいたケアルはすぐさま寝台に駆け寄った。  疲れの色はみえるものの、マリナは乱れた巻き毛のかかる顔を輝かせてふたりの我が子を愛しげに見つめている。 「こちらが女の子で、こちらが男の子なの。ほら、この子はきっとケアルのような赤毛になるわ」 「口もとは、きみに似てるね」  赤毛になるだろうと言われた娘は、どちらかといえば自分に似ているような気がする。けれど息子は生まれたての赤ん坊だというのに、すでに真っ黒な髪がふさふさと小さな頭を覆い、あきらかにマリナ似に思われた。 「ほんとに可愛い赤ん坊だ」  ふたりの小さな小さな手にそっと触れてそう言ったケアルは、改めてマリナに目をやると、 「ありがとう。よく頑張ってくれたね」  心から感謝したのだった。  ケアルもマリナもしばらくは生まれたての我が子に夢中で気づかなかったが、いつの間にか部屋に入ってきていた家令《かれい》が若い父親となったケアルに声をかけた。 「ご子息の誕生を、心より祝福させていただきます」  振り返ると四人の老家令が並んで、深々と頭をさげている。かれらはケアルをライス領主にするために、前領主であった父ロト・ライスが亡くなったその日から、表から裏からケアルを支えてきた面々である。当時はケアルの兄、ミリオ・ライスが当然領主の座を継ぐものと領内外のだれもが考えていたことを思えば、いかにかれらがケアルを領主とするために力を尽くしたか、容易に想像できるだろう。 「ああ、ありがとう。でも、息子だけじゃないんだよ。おれはいっきに息子と娘をもつ身になってしまったんだ」  嬉しげに報告したケアルにしかし、老家令たちの反応は鈍《にぶ》かった。かれらは互いに顔を見合わせ、目配せしあい、やがて中のひとりが言いにくそうに口をひらいた。 「——その件ですが、その……やはり我らとしては、ご子息を残していただきたいと考えております」  その言葉にケアルは、かすかに眉根を寄せた。 「どういう意味か、訊いてもいいか?」  ふたたび老家令たちは、互いに顔を見合わせあった。