chanelショルダーバッグ
null
CHANEL シャネル ノベルティ 巾着バッグ ショルダー  リュック 白 【並行輸入品】KY169
__4,98000
CHANEL シャネル ノベルティ 巾着バッグ ショルダー リュック 白 【並行輸入品】KY169 
[シャネル] CHANEL マトラッセチェーンショルダーバッグ ブラック ラムスキン [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL マトラッセチェーンショルダーバッグ ブラック ラムスキン [中古] 
[シャネル] CHANEL マトラッセ チェーンショルダーバッグ ホワイト(ゴールド金具) 羊革(ラム) [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL マトラッセ チェーンショルダーバッグ ホワイト(ゴールド金具) 羊革(ラム) [中古] 
[シャネル] CHANEL マトラッセ チェーンショルダーバッグ ネイビー(シルバー金具) 羊革(ラム) [中古]
__null00
[シャネル] CHANEL マトラッセ チェーンショルダーバッグ ネイビー(シルバー金具) 羊革(ラム) [中古] 
[シャネル]CHANEL2.55マトラッセ ダブルフラップ チェーンショルダーバッグ ラムスキン ブラック(BF075263)[中古]
__null00
[シャネル]CHANEL2.55マトラッセ ダブルフラップ チェーンショルダーバッグ ラムスキン ブラック(BF075263)[中古] 
[シャネル] CHANEL カンボンライン ミディアムトート トートバッグ ショルダーバッグ A25167【中古】
__null00
[シャネル] CHANEL カンボンライン ミディアムトート トートバッグ ショルダーバッグ A25167【中古】 
null 真田は金に困って競馬に凝っていた。  何ら定職につけぬ夢想家であったから、父の知らぬ間に岐阜の山を抵当に入れて金を借り出し、家からは勘当同然の身である事などが文学談の合間から聞き出せた。  三回目に会った時、邦彦は深い同情の念を現わして、ポツポツと自嘲的に語る真田の身上話を聞き、別れ|際《ぎわ》に五千円を貸した。  酔いに顔の輪郭をくずした真田は、涙に汚れた目を挙げて、必ず返すと約束した。  しかし、一度スランプに陥った|賭《と》|博《ばく》|師《し》が再び芽を吹くには、長い辛抱が|要《い》る。  すぐに返すはずであった五千円は決して返されず、次々に場所を変えて落合うたびに、五千円は一万円になり、五万円になり、今まで十万近くの金が真田の手に渡った。  それについて邦彦は、自分も人から借りた金だから決して口外してくれるなと、|釘《くぎ》をさしておいた。  真田は肺も悪化し、ヤケ|糞《くそ》になっていた。この泥沼から足を洗えるなら、身を売ってもいいとまで口走るほどになった。  二人で銚子を八本ほどあけ、邦彦が勘定を払って夜の街に出た。  |烟《けむり》っぽい濃霧に、ネオンや街灯が潤んでいた。しっとりと重い夜霧がたちまち体中を包み、背の中に秘めやかに忍び入った。  軽く酔った真田を、タクシーで代々木の木造アパートまで送っていった。  霧はますます深さを増した。  こうこうたるヘッド・ライトにも|関《かか》わらず、視界は狭く、思いがけぬ近さで前方から車が現われ、タクシーの|脇《わき》をのろのろと通りすぎていった。  酒屋の前でタクシーを止め、サントリーとコーンビーフを二|罐《かん》買って、赤鉛筆で汚れた競馬の予想新聞と、五百冊近い文学書が乱雑な調和を見せている真田の部屋に上がった。  一つの|煎《せん》|餅《べい》|蒲《ぶ》|団《とん》に並んで腹ばいになり、コーンビーフをつつきながらゆっくり飲んだ。邦彦は沈痛な表情で、実は今まで誰にも隠していたが、医者に|胃《い》|癌《がん》と宣告されてヤケ|糞《くそ》になっている。どうせ長くない命だから死ぬ前に何かでかい事をやってみたい、と口火を切った。真田は、自分もそうだと言った。  夜の白むまで二人はしんみりと語り合った。サントリーの|瓶《びん》が空になって転げた時、邦彦は入学金強奪を一場の座興のように持出し、一も二もなく賛成した真田を見て、冗談から|駒《こま》が出る様に話を持っていった。  翌朝早く真田と別れた時には、彼が加わってくれるなら今までの借金は帳消しにし、新たに月二万円ずつ貸し、それは収穫の山分けのうちから差引くという、現実的な話にまで進んだ。それから新年まで有料便所やニュース映画館の待合室、デパートの屋上などで落合うたびに進物用の包装紙でくるんだ金が、邦彦の手から真田の手に渡り、計画はさらに検討を加えられた。  年が明けると、初めて彼は真田に灰色に塗り変えた車と拳銃を見せ、二人して郊外に車を駆り、予備練習を何回も繰返した。