グッチ 財布 コピー 見分け方
null
null冬子「…………おいしい」 太一「ならば、ゆっくり食え」 冬子「ぐじ」 鼻をすすった。悔しかったらしい。やれやれだ。 冬子「うっ」 口元を押さえた。 太一「吐くか?」 首を振る。無理して、嚥下した。 冬子「……何か飲みたい」 太一「マイ水筒。滅亡世界の必需品」 渡す。 冬子「……」 ずいぶんと迷って、直に口をつけて、器の尻を持ち上げた。喉が隆起して、水分を摂取する。旺盛に。 太一「……水分くらい補給してるわけ?」 冬子「だって、水道出ない」 太一「田崎商店」 冬子「……行ったけど。帰る途中で転んで、坂の下に全部落ちた」 太一「不器用ちゃんか、おまえは。店に取りに戻ればいいだろうが」