長財 布レ ディ ース ブラ ンド 新作
null
null気分的にはシエル先輩は眠り姫で、俺は王子様だろ うか。 さすがに通行人の視線が痛いので急いで、シエル先 輩の部屋に向かった。 部屋について、先輩をベットに寝かせて。 「ごめん、先輩。今度花火を見ようね」 目覚めないうちに退散しよう。 屋敷に帰る途中、今日の自分の行動が軽率だった事 を反省してしまった。